• トップ
  • リリース
  • VIA、Embeded World 2017においてVIA VTS-8589 OPS Boardを発表 -柔軟で超小型のモジュールを、Embedded World 2017 VIAブースにて披露-

プレスリリース

VIA、Embeded World 2017においてVIA VTS-8589 OPS Boardを発表 -柔軟で超小型のモジュールを、Embedded World 2017 VIAブースにて披露-

(DreamNews) 2017年03月10日(金)15時00分配信 DreamNews

VIA Technologiesは、本日3月10日、新製品VIA VTS-8589 OPSボードを、ドイツ・ニュルンベルグにおいて3月14日〜16日まで開催される2017 Embedded World Exhibition and Conferenceにて初披露すると発表いたしました。

2017年3月10日 台湾・新北市 - VIA Technologies, Inc.は、本日3月10日、新製品VIA VTS-8589 OPSボードを、ドイツ・ニュルンベルグにおいて3月14日〜16日まで開催される2017 Embedded World Exhibition and Conferenceにて初披露すると発表いたしました。VIAブースは、Nuremberg Exhibition Center Hall 2の#2-55です。

IntelのOpen Pluggable Specification (OPS)に準拠したVIA VTS-8589は、追加の電源、接続性、あるいは場所を必要とせず、OPS互換のディスプレイにインストールすることができます。また、テスト・開発期間の短縮のため、本ボードはVTS-8592 OTS I/Oカードと組み合わせて使うことも可能です。このI/Oカードには、HDMIポート、2つのUSB 2.0ポート、1つのオーディオジャック、およびリセット用と電源用のボタンが装備されています。


「OPS互換ディスプレイへのシームレスなアップグレード手段を提供するVIA VTS-8589は、さらにすぐれた柔軟性を当社のデジタルサイネージのポートフォリオに与えています」と、VIA Technology Inc. 国際マーケティング担当VPのリチャード・ブラウンは語ります。「高度に統合された低電力設計により、本ボードは、もっとも要件の厳しいデジタルサイネージのアプリケーションに必要とされるすべての性能、機能、および信頼性を提供します」

1.0GHz NXP i.MX 6QuadPlusまたは1.0GHz NXP i.MX 6Quad Cortex-A9 SoCのどちらかを装備するVIA VTS-8589は、豊富なマルチメディア、入出力、そして接続機能を、超小型フォームファクターで実現しています。具体的には、8GB eMMC Flashメモリ、2GB DDR3 SDRAM、オンボードのWi-Fi、ギガビットイーサネット、1つのMicro SDカードスロット、そして2つのUSB 2.0ポートが搭載されています。OPS接続端子としては、1つのHDMI、2つのUSB 2.0ポート、1つのUART、GPIO、オーディオ、および12〜19V電源端子が用意されています。

VIA VTS-8589は、最適化されたLinux BSPを装備し、NXP i.MX 6QuadPlus SoC用のカーネル(4.1.15)とブートローダーソースコードまたは、NXP i.MX 6Quad SoC用のカーネル(3.10.53)とブートローダーソースコードを含む、システムイメージの作成のためのユーザ用ガイドが付属します。このBSPは、最新のHTML5ベースのデジタルサイネージ用アプリケーションを可能にするよう設計され、Chromiumブラウザ上のハードウェアアクセラレートされたビデオデコーディング機能が含まれます。また、ご要望により、ソフトウェアカスタマイズサービスの追加も可能です。

VIA VTS-8589以外にも、VIAは広範囲な市場向けシステム、マン・マシン・インターフェース(HMI)スターターキット、そして車両内や駅構内用に即座にカスタマイズできるIoTを加速するプラットフォームを、Embedded WorldのVIAブースにて展示します。

VIA VTS-8589についての詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://www.viatech.com/ja/boards-ja/modules/vts-8589/

VIAのEmbedded World 2017での展示内容に関する詳しい情報は、下記をご参照ください。
http://www.viatech.com/ja/embedded-world-2017-ja/

VIAカスタムIoT設計サービスに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://www.viatech.com/ja/services-ja/hw-engineering/arm/custom-design/

本リリースに関する画像についてはこちらをご覧ください。
http://www.viagallery.com/vts-8589/

VIA Technologies, Inc.について
VIA Technologies, Inc.は、高度に統合された組み込み用プラットホームと、ビデオウォールやデジタル看板からヘルスケアや企業オートメーションまでにわたるM2M、IoT、そしてスマートシティアプリケーションの開発において国際的に主導的な役割を果たしています。本社を台湾・台北におき、VIAの国際的なネットワークはアメリカ、ヨーロッパ、そしてアジアのハイテクセンターを結び、顧客層は世界中の最先端のハイテク、通信、家電にまでわたっています。詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.viatech.com/

お客様からのお問い合わせ先
VIA Technologies Japan株式会社
メールアドレス:mktjp@viatech.co.jp

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ
Richard Brown (VIA Technologies, Inc. 国際マーケティング担当VP)
メールアドレス :RIBrown@via.com.tw

HaNaRe PR Group (VIA Technologies, Inc. 日本広報代理)
メールアドレス : press@hanare-pr.jp

記者ならびに編集の方々へお願い:VIAはすべて大文字で表記してください。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る