• トップ
  • リリース
  • MSI、究極のゲーミングプラットフォームを実現する「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」を発売

プレスリリース

Micro-Star International

MSI、究極のゲーミングプラットフォームを実現する「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」を発売

(DreamNews) 2017年03月13日(月)09時00分配信 DreamNews

MSIは、NVIDIAの最新デスクトップGPU、GeForce GTX 1080 Tiを搭載した「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」を3月11日に発売いたします。本製品はNVIDIA自身の設計によるグラフィックスカードで、市場想定価格(税別)は99,800円です。

2017年3月11日 -Micro-Star International Co., Ltd. 台湾・新北市- グラフィックスカード市場において、その性能の高さと品質で人気を誇るMicro-Star International(MSI)は、NVIDIAの最新デスクトップGPU、GeForce GTX 1080 Tiを搭載した「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」を3月11日に発売いたします。本製品は、TSMCの16nm FinFETプロセスで120億トランジスタを集積し、3584基のCUDAコアを実装したGP102-350チップを採用するGeForce GTX 1080 Tiに、352bit幅のメモリインターフェースに11GbpsのGDDR5Xメモリ 11GBを搭載したNVIDIA自身の設計によるグラフィックスカードです。市場想定価格(税別)は、99,800円です。


■オーバークロックにも対応する最新電源設計
GeForce GTX 1080 Ti Founders Editionは、NVIDIAのデスクトップGPUにおけるフラグシップモデルであるNVIDIA TITAN Xと同じ、3584基のCUDAコアを採用し、メモリインターフェースは32bit少ない352bit幅とする一方で、11GbpsのGDDR5Xメモリの採用や、GPUコアをより高クロックで動作させることにより、NVIDIA TITAN Xよりも高速で、リファレンス設計のGeForce GTX 1080に比べると35%高速な性能を実現したモデルです。GPUの電源回路には7フェーズのデュアルFETを二重化することで、電力変換効率を高めるとともに、2GHz以上のオーバークロック動作にも対応できるようにしています。また、ディスプレイ出力からDVI-Dを省くことで排気エリアを拡大し、より優れたエアフローを実現しています。

本製品にはMSI独自のオーバークロックユーティリティであるAfterburnerをバンドルし、ユーザーがよりアグレッシブなオーバークロック設定を施すこともできます。さらにゲーム動画キャプチャツールのPredatorや、ベンチマークおよび負荷テストツールのKombustorも付属しています。

本製品の主な仕様は下記のとおりです。

【主な仕様】


【製品情報】
GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-GTX-1080-Ti-Founders-Edition.html

□お客さまからのお問い合わせ先
 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
 MSIお客様ご相談窓口
 E-mail:supportjp@msi.com
 URL:http://jp.msi.com/

□報道関係者さまからのお問い合わせ先
 HaNaRe PR Group
 E-mail : press@hanare-pr.jp


MSIについて
2016年にMSIはイノベーションと成果に満ちた設立30周年を迎えました。
1986年に発表した初のMSI製オーバークロッキングマザーボードと、2007年に発表した世界初のターボゲーミングノートブックPCは、IT業界に大きな波紋を広げました。Top Player, Top Choiceの精神に導かれ、MSI GAMINGシリーズはその優れた技術によりゲーマーにとっての勝利の武器となり、彼らを世界の舞台で輝かせています。
大小を問わず、MSIの技術による高性能ゲーミングへの関与は、世界のゲーマーに伝わり、MSIをゲーム業界における世界的トップブランドにしています。




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る