• トップ
  • リリース
  • 対象範囲の明確化から審査支援までを幅広くサポート PCIDSS準拠を支援するコンサルティングサービスを本格展開 PCI DSS Ready Cloudとの併用でPCIDSS準拠を短期間・低コストで実現

プレスリリース

対象範囲の明確化から審査支援までを幅広くサポート PCIDSS準拠を支援するコンサルティングサービスを本格展開 PCI DSS Ready Cloudとの併用でPCIDSS準拠を短期間・低コストで実現

(DreamNews) 2017年03月10日(金)11時00分配信 DreamNews

PCIDSS準拠を促進するクラウドサービス「 PCI DSS Ready Cloud 」や「 Cloud Token for Payment Card 」「 BIZTELコールセンターPCI DSS 」を展開する株式会社リンクは、本日より、PCI DSS準拠を支援するコンサルティングサービスを本格展開致します。

PCI DSS 準拠を促進するクラウドサービス「 PCI DSS Ready Cloud 」や「 Cloud Token for Payment Card 」「 BIZTELコールセンターPCI DSS 」を展開する株式会社リンク(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田元治)は、本日より、PCI DSS準拠を支援するコンサルティングサービスを本格展開致します。

経済産業省が主導する「クレジット取引セキュリティ対策協議会」が2017年3月8日(水)に発表した実行計画(※2)では、「期限までに加盟店のカード情報非保持化やカード情報を保持する事業者等のPCI DSS準拠を進めていく」 とされており、加盟店・事業者の対応が求められています。

※1 Payment Card Industry Data Security Standards :クレジットカードに関するデータセキュリティの国際規格
※2 「クレジット取引セキュリティ対策協議会」が発表した実行計画
http://www.j-credit.or.jp/security/pdf/plan_2017.pdf

この状況を受け、本コンサルティングサービスでは、PCI DSSのプロフェッショナルが豊富な実績に基づいてPCI DSS対象範囲の明確化やギャップ分析(※3)・サービス選定・ドキュメント作成・審査までをトータルサポートします。

また、「PCI DSS Ready Cloud」などのサービス(※4)と併用する場合はギャップ分析が不要になるだけでなく、PCI DSSへの準拠に必要な書類をひな形に基づいて作成することができ、さらに低コスト・短期間での準拠を実現します。

※3 PCI DSS の準拠要件と現状を比較し、事業者が対応すべき内容を明確にすること
※4 PCI DSS Ready Cloud以外の提供サービスは次のとおり
・ Cloud Token For Payment Card : http://pcireadycloud.com/token/
・ BIZTELコールセンターPCI DSS : http://pcireadycloud.com/biztel/

リンクはカード情報の非保持化やPCI DSSへの準拠が求められているクレジットカード加盟店・事業者に対し、さまざまなサービスを通じて、より安全にクレジットカードの決済が行える環境の構築・運用を支援していきます。

本コンサルティングサービスの詳細は、http://pcireadycloud.com/consulting/ をご覧ください。


株式会社リンクについて
株式会社リンクは、業界最大級の稼動台数を持つ専用ホスティングを軸として、クラウド型ホスティング・クラウド型テレフォニーサービス、セキュリティプラットフォームサービスなど、さまざまなインターネット関連サービスを提供しています。2009年からは農系事業にも取り組んでおり、2011年10月から岩手県岩泉町にある自然放牧酪農場「なかほら牧場」を運営しています。
事業内容の詳細は、http://www.link.co.jp/ をご覧ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社リンク (担当:滝村)
〒107-0052 東京都港区赤坂7丁目3番37号カナダ大使館ビル1階
TEL:03-5785-0555 / FAX:03-5785-2277
Eメール:takimura@link.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る