• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所マーケットレポート】「エキスパートシリーズ 第3次人工知能ブームの実態 〜シンギュラリティは早まるか?〜」を発刊いたしました

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所マーケットレポート】「エキスパートシリーズ 第3次人工知能ブームの実態 〜シンギュラリティは早まるか?〜」を発刊いたしました

(DreamNews) 2017年03月15日(水)09時30分配信 DreamNews

矢野経済研究所では、下記の要領にて「エキスパートシリーズ 第3次人工知能ブームの実態 〜シンギュラリティは早まるか?〜」を発刊いたしました

今、AIが一大ブームとなっている。「人工知能」という言葉を日々テレビでも目にするようになってきた。AIの出版物や情報が世の中に氾濫している。1956年のダートマス会議でジョン・マッカーシーが命名したといわれるAI(Artificial Intelligence)は、ついこのあいだまで、ITつまり情報技術に関係する人たちの間でだけ通用する言葉だったわけだが、日常生活においてもごく当たり前のように語られる時代になった。
本レポートは、日本IBMや日本IQPなどでコンピュータソフトウェアの開発を手掛けてきた弊社社外マイスターである早川 鐵郎氏(客員研究員)が、人工知能の歴史と適用分野、その基本コンセプトについて振り返った後、IBM Watsonやソフトバンク Pepperなどの現在注目されているテーマについて検討・評価する。

発刊日:2017年3月7日
体裁:A4 / 31頁
PDF商品:定価43,200円(本体40,000円 消費税3,200円)

⇒詳細内容・お申込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/R58309700

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

株式会社矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る