• トップ
  • リリース
  • 将来の人生は自分で築く時代! 〜勝ち続ける経営者と負ける危険のある経営者の違いとは?〜

プレスリリース

株式会社木下不動産

将来の人生は自分で築く時代! 〜勝ち続ける経営者と負ける危険のある経営者の違いとは?〜

(DreamNews) 2017年03月07日(火)14時00分配信 DreamNews

このセミナーにご参加いただくと、経営者としての絶対条件である 『先見性』が身に付きます!

自分は経営者として一生働くつもりでいる!
などと自信をもって応える経営者も、本当のところは人に任せてリタイアしたいと思っていることがしばしば。
そういう経営者にかぎって、『稼いで稼いでしっかり貯金をしているから将来は大丈夫!』『投資なんて危なくて考えたことがない!』…とおっしゃいます。そんなあなたの『先見性』をもっと輝かせてみませんか?
ただし、投資をするのならしっかりとした知識を身に着けることが重要。そんなあなたに木下不動産が厳選した『お役立ち情報』をお届けいたします。

<こんな方にお勧め!>
忙しくて資産形成のことなど考えたことが無い経営者の方
資産形成をそろそろ考えておかないといけない経営者の方


<第一講座>所要時間:50分
住みたい街が投資する価値のある街〜不動産マーケティングから読み解く不動産投資の優位性〜
日本における家計の金融資産割合は、預貯金が過半を占めますが、いわゆる『お金持ち』と呼ばれるアッパーマス層の資産割合は不動産や株式などリスク資産の保有割合がむしろ過半を占めています。これから資産を増やしていくマス層やアッパーマス層にとって、運用環境の悪い低金利時代の中、いかにして資産を増やしていくかが課題となっています。
低金利の日本において、老後を預貯金や年金制度だけに頼っていける状況ではなく、「自分で決める」運用によるリターンを追求しなければならない時代となっています。日銀が2%インフレ目標を掲げ、消費税も段階的に上がっていくと思われるなかで、投資における重要な指標である「安全性」「流動性(換金性)」「収益性」のバランスを見極める方法をお伝えします。

<第二講座>所要時間:50分
東京23区で始める賃貸経営 世界から注目される5つの理由〜マイナス金利で手堅い不動産収入の作り方〜
東京の不動産が注目されるのにはワケがあります。資産価値を維持して末代まで残せるのは、オールインワンで全てを任せることができ、豊富な経験に裏打ちされた分析力のある不動産会社が必要です。その見分け方をお伝えいたします。

将来余裕のある暮らしがしたいとお考えなら、史上まれにみる低い金利の今だからこそ、資産価値のある
東京への投資をおすすめいたします!

■セミナー概要
 開催日:3月24日金曜日
 時間:14:00 開始〜16:00 終了(受付13:45〜)
 定員:先着20名様限定 無料
※当セミナーは2部構成となっております。
■会場
 大阪会場:アットビジネスセンター大阪梅田
 住  所:大阪市北区曽根崎新地2-2-16 西梅田MIDビル7階
 アクセス:「西梅田」駅、「北新地」駅 徒歩1分/「大阪駅」徒歩6分
※セミナー終了後に懇親交流会を会費制にて予定しております。不動産に関する知識を深めたい方、不動産経営を実践されている人の話をお聞きになりたい方、異業種との人脈を拡げたい方は、是非ご参加ください。ご希望の方はお申し込み時にお問い合わせくださいませ。

■ご持参物
 筆記用具、お名刺

■お申込み・お問い合わせ
会社名:株式会社 木下不動産
担当者:特約店推進部
TEL:03-5908-2028
FAX:03-5908-2240
E-Mail:kf-tokuyakuten@kinoshita-group.co.jp
当社厳選セミナーへ参加ご希望の方は、お名前、会社名、ご住所、ご連絡先電話番号、メールアドレス
を担当特約店までお知らせください。

<講師プロフィール>
講師 伊庭久裕
1963年大阪生まれ 京都府立大学卒業

株式会社IBA代表取締役
日清製油株式会社(現、日清オイリオグループ株式会社)にて新規事業開発部に所属しマーケティングを学び数々の新会社を立ち上げる。同社を退社後、ソニー生命保険株式会社を経て2006年株式会社IBAを設立。リスクマネジメントやマーケティングや企業研修を提供する。著書に「コンサルタントによるマーケティング理論とマネジメント実践」(共著:エコハ出版)がある。FP2級。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る