• トップ
  • リリース
  • 【マインドコマース調査報告世界のフィンテック(金融技術)市場:技術、用途、サービス

プレスリリース

株式会社データリソース

【マインドコマース調査報告世界のフィンテック(金融技術)市場:技術、用途、サービス

(DreamNews) 2017年03月06日(月)15時00分配信 DreamNews

米国市場調査会社マインドコマースが、英文調査レポート「世界のフィンテック(金融技術)市場:技術、用途、サービス 2017-2022年」を2017年3月に出版しました。

【調査レポートのサマリー】
2017年3月発行

米国調査会社マインドコマース(Mind Commerce)の調査レポート「世界のフィンテック(金融技術)市場:技術、用途、サービス  2017-2022年」は、従来の金融システムと新しいフィンテックを比較分析し、市場の変化、利点、課題について記載している。新規参入企業、銀行、投資会社、保険会社、非金融企業などの立ち上がりつつあるフィンテック市場のエコシステムを査定している。世界のフィンテックによる影響を分析し、注目すべき地域について概説している。2017-2022年の市場を予測している。100社以上の企業について記載している。

This research provides a comparative analysis between the legacy financial system and emerging FinTech solutions including disruption, potential benefits, and challenges. The Report evaluates the evolving FinTech market ecosystem including startups, banks, investment companies, insurance companies, and non-financial organizations. The report analyzes the global impact of FinTech and the outlook for specific regions. The report provides forecasts for the period 2017 - 2022.

目次(抜粋)

 * フィンテック(金融技術)の概説
 * フィンテックとビッグデータ
 * フィンテックのエコシステム
 * フィンテック市場の促進要因
 * フィンテック市場の課題
 * フィンテック市場の概観と市場予測
 * デジタル産業と支払のイニシアチブ
 * 銀行業のイニシアチブ分析
 * 地域毎のイニシアチブ
 * フィンテックのケーススタディ
 * フィンテック企業とソリューション


マインドコマース(Mind Commerce)は、ネットワークインフラ、Eコマース、オンラインコンテンツ、アプリケーションなど、有線と無線の両方の通信市場を広範かつ詳細に調査・分析を行ったレポートを数多く出版する米国の調査会社です。


■ 調査レポート ■

世界のフィンテック(金融技術)市場:技術、用途、サービス  2017-2022年
Global FinTech Marketplace: Technologies, Applications, and Services 2017 - 2022
出版年月:2017年3月
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/mcgfintech.html

◆米国市場調査会社 マインドコマース(Mind Commerce)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/index.html

株式会社データリソースは、マインドコマースの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

マインドコマース 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る