• トップ
  • リリース
  • 『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016』で4年連続受賞

プレスリリース

アエラホーム株式会社

『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016』で4年連続受賞

(DreamNews) 2017年03月06日(月)16時00分配信 DreamNews

アエラホーム株式会社は2017年3月3日(金)、一般財団法人 日本地域開発センターによる、省エネルギー性の優れた住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016」において、外張W断熱住宅「クラージュ」と全館空調換気システム住宅「クラージュ エアリア」の2商品が特別優秀賞を受賞、あわせて2年連続で優秀企業賞を受賞いたしました。

アエラホーム株式会社(以下:アエラホーム 東京都千代田区/代表取締役社長 中島鷹秀)は2017年3月3日(金)、一般財団法人 日本地域開発センターによる、省エネルギー性の優れた住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016」において、外張W断熱住宅「クラージュ」と全館空調換気システム住宅「クラージュ エアリア」の2商品が特別優秀賞を受賞、あわせて2年連続で優秀企業賞を受賞いたしました。今回の受賞により、2013年特別優秀賞、2014年は「クラージュ(プレミアム仕様)」が大賞受賞、2015年特別優秀賞、優秀企業賞と、『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー』では4年連続の受賞となります。

■ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーは、日本における省エネルギー住宅の普及と質的な向上に貢献することを目指しています。審査は、学識経験者などで構成される審査委員会が担当し、主に「外皮・設備の省エネルギー性能値」「多様な省エネルギー手法の導入」「省エネルギー住宅の普及への取り組み」といった3つの視点から、建物外皮とエネルギー設備機器を一体とした、トータルで省エネルギーな住宅の表彰を行う制度です。

■「クラージュ(プレミアム仕様)」

「クラージュ(プレミアム仕様)」は、主力商品である外張W断熱住宅「クラージュ」の中でも、最も断熱・気密性能が優れた仕様です。屋根までアルミ箔面材付き遮熱断熱材にてすっぽりと包み込む外張断熱に加え、屋根・壁には発泡ウレタンフォームによる吹付断熱を施した『外張W断熱』工法を採用。各種設備についても省エネルギー性能の優れたものを採用し、家全体で省エネを実現いたします。
【受賞内容】
制度名 ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016
受賞名・商品名 特別優秀賞 「クラージュ(プレミアム仕様)」
受賞地域 改正省エネルギー基準3〜7地域

■「クラージュ エアリア(プレミアム仕様)」

「クラージュ エアリア(プレミアム仕様)」は、『外張W断熱』工法を採用した「クラージュ」の中でも最も断熱・気密性能が優れたプレミアム仕様をベースに、「快適」「健康」「安全・安心」「省エネ」性能を向上させた健康住宅です。「全館空調換気システム」をはじめ「活性水生成システム」や「Low-E複層トリプルガラス」「気密アルミ樹脂複合サッシ」を標準装備するなど、良質な空気と水を融合させ、健康・快適な空間を実現します。さらに、「制振システム」も標準で装備しているアエラホームの健康、安心・安全な住宅です。
【受賞内容】
制度名 ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016
受賞名・商品名 特別優秀賞 「クラージュ エアリア(プレミアム仕様)」
受賞地域 改正省エネルギー基準3〜6地域

■環境設計の家 アエラホームとして

現在、住宅における断熱・気密性能は、省エネ性能だけではなく、住む方にとっての「健康」にも大きく影響するとして着目されており、また、高齢者や障害者、子育て世代の健康の維持・増進といった、スマートウェルネス住宅といった観点からも、重要なものです。これらの考えに則り、「環境設計の家」の代表でもある「クラージュ」の訴求および普及促進を続けるとともに、これからもさらなる価値の提案、そして地域社会と地球環境に貢献してまいります。

<参考>
http://www.jcadr.or.jp/HOYE/house-2016top_result.html
(一般財団法人 日本地域開発センター/「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016」受賞者一覧)

【会社概要】
名  称:アエラホーム株式会社(http://www.aerahome.com
所 在 地:東京都千代田区九段南2-3-1青葉第一ビル2階(東京本社)
代 表 者:代表取締役社長 中島鷹秀

【本件に関するお問い合わせ先】
担 当 者:アエラホーム株式会社 広報課 後藤
T E L:03-3512-2311 / E-mail:info@aerahome.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る