• トップ
  • リリース
  • SXSW音楽祭へ参加決定 新鋭華語歌手が台湾ポップスの魅力を歌う

プレスリリース

GCA ENTERTAINMENT CO., LTD.

SXSW音楽祭へ参加決定 新鋭華語歌手が台湾ポップスの魅力を歌う

(DreamNews) 2017年03月06日(月)13時00分配信 DreamNews

2017台湾ミュジーシャンをSXSWに参加させ、「タイワン・ナイト」という特別公演で台湾音楽の実力を見せることによって、世界からの注目を集めている。

GCA ENTERTAINMENT CO.LTD、中華民国文化部影視と流行音楽産業局
と共同でSXSW 2017(サウス・バイ・サウスウェスト音楽祭 2017)に主催します。台湾を代表し、SXSW 2017に参加される演出団体は、「金曲奨」に輝いた受賞者をはじめ、「金音奨」からの表彰を受けた方々や、国内外で続々と高い評価を得る新鋭たちが集まった強力な陣容である。出展されるミュージシャンは、「金曲奨」を受賞したヒップホップシンガー葛仲珊MISS KO(ガー・チョンシャン)及び原住民スタイルグループMatzka、最優秀新人賞入選のHello Nico、そして、魂を響かせる美声の持ち主新生代女性歌手?Zooey Wonder(ホァン・ジェーウェイ)、Trip Hopエレクトリック系の孔雀眼 JADE EYES、最後に、世界的DJコンテスト「を優勝し、海外で名が揚がっているDJ Questionmarkなど合計6組のミュジーシャンが、3月11日よりアメリカ・テキサス州首府オースティン市へ出展することが決定された。出展の目標及び計画の詳細については、3月2日に台北市長官邸にて記者発表会を行い、文化部影音局及び実行単位の大京芸術が会見をする予定である。

毎年3月にアメリカ・オースティンにて開催されるSXSWは、現在、世界最大規模の複合展示会となった。音楽祭としてはじまり、それをリードする地位を確立した後、さらにマルチメディアやインタラクティブ、映画、ベンチャービジネス投資など、多様な分野まで拡大した。こういったイノベーションに対する積極的な姿勢が、オースティンを全米で最も著しい発展を遂げる都市にしたという。そのおかげで、日に1000人以上の移民が入っていると言われている。マスコミ界がオースティンをシリコンヒル(Silicon Hill)と称賛するのは、このようにIT及びマルチメディアビジネスへの投資を急速に発展させ、まさにシリコンバレーのもう一つの奇跡である。

早い時期から、國際メディアにCapital of Live Performance(音楽の首都)と呼ばれてきたオースティンは、毎年のSXSWで音楽業界人士やメディア関係者が足を運び、1,500組余りのバンドが腕前を披露し、15万人を超える観客を呼び集めている。開催で生み出した利益は、年々に3億米ドルを上回っている。去年の2016年に、オバマ米前大統領はSXSWに出席するために、選挙活動をやめたことから、SXSWがもたらした莫大な経済的利益をいかなる重要視しているかがわかった。そして、こうした姿勢が、SXSWを現在ポップス業界で最も代表的な最上級展示会に導いたことにもつながる。

ここ数年、台湾ミュジーシャンをSXSWに参加させ、「タイワン・ナイト」という特別公演で台湾音楽の実力を見せることによって、世界からの注目を集めている。2015年の事例をあげると、「タイワン・ナイト」特別公演は主催側とメディア側の両方から推薦を獲得し、当年度最優秀演出団体に選ばれた。このほか、地元のメディアから最優秀演出団体TOP20の人気投票を行った結果、台湾バンドの太妃堂(トフィー)も5位の成績を収めた。2016年では、アメリカのジャナリストに原稿を提供し、台湾ミュジーシャンをインタビューしてもらうことで、初めてアメリカ三大メダィア(ABC, Fox, NBC)でサイマル放送されたという成果が出た。同時に、その高レベルのメダィア性質が、さらに世界中に報道されることを引き起こした。

今回SXSWに出展されるミュジーシャンの6組の中にも、「金曲奨」を受賞した葛仲珊とMatzka、そして国際的舞台に躍り出るDj Qestionmarkが参加されるほか、メンバーの大半が「金音奨」を入選された。新生代を代表する台湾のミュジーシャンが、国際的展示会の舞台に活躍することによって、より多くの国内外共同発表のチャンスを創造していくことが望まれる。大京芸術クリエイティブ・ディレクターの嚴子貿(イエン・ツマウ)によると、近年、アメリカでの台湾ポップスプロモーションが目覚ましい成果を上げたという。米国独立音楽協会(A2IM)及び米国在台湾協会(AIT)が、国際的に活躍する潜在力のあるバイリンガルシンガーとアメリカシンガー・作曲家とのコラボレーションを歓迎する意思を表明している。台湾ポップスが華人消費市場での拡大や発展が望ましい。以上のように、文化部影音局の長年にわたる、華語ポップスをブランド化して世界へとプロモーションを行う経営が実った。

活動概要:

l 台灣音楽産業展覧
日程: 3月12日(日)から 3月15日(水)まで
時間:3/12-14 10am-6pm? 3/15 10am-2pm
台灣展覧館の番号:1217,1219,1316,1318
会場:Austin Convention Center

l 台湾の夜音楽会Taiwan Beats
日程:3月14日 (二)(19:30〜 20:00入場)
会場:Taiwan Beats at Elysium(705 Red River St, Austin, TX)
入場料:30ドル

メディア問い合わせ先:
指導:中華民国文化部
主催:中華民国文化部影視と流行音楽産業局、GCA Entertainment Co.Ltd

連絡窓口:

大京芸術創新有限公司(GCA Entertainment)
Andrew Chen
(02) 2723-0286#202 andrew@gca3nt.com
http://www.gca3nt.com/
http://www.facebook.com/gca3nt


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る