• トップ
  • リリース
  • FFRIが京都府警本部長より感謝状を受領 〜サイバー捜査官の育成や捜査活動を支える技術の高度化に貢献〜

プレスリリース

FFRIが京都府警本部長より感謝状を受領 〜サイバー捜査官の育成や捜査活動を支える技術の高度化に貢献〜

(DreamNews) 2017年03月06日(月)16時00分配信 DreamNews

サイバーセキュリティ領域において国内で独自の研究開発活動を展開している株式会社FFRI(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鵜飼裕司)は、京都サイバー犯罪対策研究会会員として、京都府警のサイバー犯罪対処能力の向上のため専門的かつ高度な知見等の提供によりサイバー捜査官の育成や捜査活動を支える技術の高度化に貢献したとして2017年2月28日、京都府警本部長より感謝状を受領いたしました。

サイバーセキュリティ領域において国内で独自の研究開発活動を展開している株式会社FFRI(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鵜飼裕司、以下 FFRI)は、京都サイバー犯罪対策研究会会員として、京都府警のサイバー犯罪対処能力の向上のため専門的かつ高度な知見等の提供によりサイバー捜査官の育成や捜査活動を支える技術の高度化に貢献したとして2017年2月28日、京都府警本部長より感謝状を受領いたしました。


京都サイバー犯罪対策研究会は、高度なサイバー犯罪捜査技術の研究や、サイバー犯罪対処能力を持つ警察官の裾野を広げるための人材育成等、警察のサイバー事案対処能力を向上させることを目的に京都府警とセキュリティ関係企業、地元企業、大学および行政の研究会として2014年1月に設立されました。FFRIはサイバーセキュリティ研究開発企業として日ごろの研究から得られた知見やノウハウを同研究会に提供しています。


FFRIでは攻撃者の思考を先読みし、サイバーセキュリティ上の未知の脅威に対抗するプロアクティブな研究開発体制を構築しており、今後も引き続きサイバー犯罪対策に関する知見やノウハウを社会に提供し、サイバー犯罪捜査に関する技術向上および健全なIT社会の発展に貢献してまいります。



■株式会社FFRIについて

当社は2007年、日本において世界トップレベルのセキュリティリサーチチームを作り、IT社会に貢献すべく設立されました。現在では日々進化しているサイバー攻撃技術を独自の視点で分析し、日本国内で対策技術の研究開発に取り組んでいます。研究内容は国際的なセキュリティカンファレンスで継続的に発表し、海外でも高い評価を受けておりますが、これらの研究から得られた知見やノウハウを製品やサービスとしてお客様にご提供しています。主力製品となる、「FFRI yarai」はミック経済研究所調べ(※1)によるエンドポイント型標的型攻撃対策分野における出荷金額においてNo.1、ITR調べ(※2)によるEDR市場(2015年度)における売上金額においてNo.1を獲得しております。

※1 出典:「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2016【外部攻撃防御型ソリューション編】」
※2 出典:ITR「ITR Market View:情報漏洩対策市場2016」


本件に関するお問い合わせ先 
写真・資料等がご入用の場合もお問い合わせください。

株式会社FFRI
経営管理本部 経営企画部 IR広報担当
TEL:03-6277-1811
E-Mail:pr@ffri.jp  
URL:http://www.ffri.jp

「FFRI」「FFRI yarai」は、株式会社FFRIの登録商標です。
その他すべての社名、製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
出典資料の引用等、調査会社の著作物を利用する場合は、出典元にお問い合わせください。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る