• トップ
  • リリース
  • 「画像診断装置の世界市場:X線、MRI、超音波、CT、核医学各種製品別2021年予測」リサーチ最新版刊行

プレスリリース

リサーチステーション合同会社

「画像診断装置の世界市場:X線、MRI、超音波、CT、核医学各種製品別2021年予測」リサーチ最新版刊行

(DreamNews) 2017年03月02日(木)11時00分配信 DreamNews

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「画像診断装置の世界市場:X線、MRI、超音波、CT、核医学各種製品別2021年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
画像診断装置の世界市場規模は2016年段階で265億ドルと推計され、今後2021年には364億ドル市場にまで拡大すると当レポートでは予測しています。レポートでは、2021年に至る画像診断装置の世界市場予測(市場規模US$)、X線システム市場(技術別、形態別、用途別)、MRI市場(アーキテクチャ別、用途別、磁場強度別)、超音波画像システム市場(技術別、用途別、形態別)、CTスキャナー市場(スライスタイプ別、用途別)、核医学イメージング装置市場(製品別、用途別)、エンドユーザー別市場、主要国地域別市場など、詳細に区分された市場データおよび分析を掲載しています。また市場考察、市場シェア、競合状況、主要メーカー企業10社プロフィール情報も盛り込み、画像診断装置市場の現在および今後展望を予測検証していきます。

【英文市場調査レポート】
画像診断装置の世界市場:X線、MRI、超音波、CT、核医学各種製品別2021年予測
Diagnostic Imaging Market by Product (X-ray Imaging (Digital, Analog), MRI (Closed, Open), Ultrasound, CT, Nuclear Imaging (SPECT, Hybrid PET)), Application (OB/GYN, MSK, Cardiology, Oncology), End User (Hospitals, Imaging Centers) - Global Forecast to 2021
http://researchstation.jp/report/MAM/4/Diagnostic_Imaging_2021_MAM467.html

【レポート構成概要】
◆ 画像診断装置の世界市場予測2014-2021年
・市場規模(US$)

◆X線システム市場、市場-2021年
<技術別>
・デジタル画像
-  CR: コンピューテッド-ラジオグラフィ
-  直接撮影法
・アナログ画像

<形態別>
・据置き型デバイス
・携行型デバイス

<用途別>
・汎用撮影
・歯科
・マンモグラフィ

◆ MRI市場-2021年
<アーキテクチャ別>
・Closed MRI Systems
・Open MRI Systems

<用途別>
・脳/神経
・脊椎/筋骨格
・血管
・骨盤/腹部
・乳房
・心臓


<磁場強度別>
・低/中高磁場MRI (Low-to-mid-field MRI System ・高磁場MRI(High-field and Very-High MRI Systems 1.5T to 6T)
・超高磁場MRI(Ultra-high-field MRI Systems 7T
◆超音波画像システム市場-2021年
<技術別>
・2D
・3Dと4D
・ドップラーイメージング

<用途別>
・汎用撮影
・産科/婦人科(OB / GYN)
・心臓病
・血管
・泌尿器科
・その他用途

<形態別>
・トロリー、カートベース超音波システム
・コンパクト、ポータブル超音波システム

◆CTスキャナー市場-2021年
<スライスタイプ別>
・ハイエンドスライスCT
・ミッドエンドスライスCT
・ローエンドスライスCT

<用途別>
・心臓病
・腫瘍
・神経
・その他用途

◆ 核医学イメージング装置市場-2021年
<製品別>
・SPECTスキャナー
-  スタンドアローンシステム
-  ハイブリッドシステム
・ハイブリッドPET装置

<用途別>
・心臓
・腫瘍
・神経
・その他用途

(※すべての装置タイプ市場ごとに地域別の細分化データ掲載)

◆画像診断装置・エンドユーザー別市場-2021年
・病院
・画像診断センター
・その他エンドユーザー

◆画像診断装置・主要国地域別市場-2021年
北米
・米国、カナダ
欧州
・英国、ドイツ、フランス
・その他欧州 
アジア太平洋
・日本、中国、インド
・その他アジア太平洋
その他地域
・南米
・中東
・アフリカ  

(※地域別に各種セグメント市場別の細分化データ掲載、詳細は目次参照)

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・主要動向
・バリューチェーン分析
・価格分析
・業界構造分析(ファイブフォース)
・競合状況・市場シェア分析
・新製品、提携動向等

◆ 画像診断装置の主要企業プロフィール動向
・GE HEALTHCARE (GENERAL ELECTRIC COMPANY)
・KONINKLIJKE PHILIPS N.V.
・SIEMENS HEALTHCARE GMBH (SIEMENS AG)
・東芝メディカルシステムズ株式会社
・株式会社日立製作所
・株式会社島津製作所
・CARESTREAM HEALTH
・ESAOTE S.P.A
・富士フイルムホールディングス株式会社
・SAMSUNG MEDISON

(全248頁)


【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/4/Diagnostic_Imaging_2021_MAM467.html

発行元:MarketsandMarkets(米国)について
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2017年3月1日

★関連レポート
「X線検出器の世界市場:タイプ別、用途別2021年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/2/X-Ray_Detectors_2021_MAM299.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る