• トップ
  • リリース
  • ISIDと不正アクセス検知サービスのカウリスが業務提携 〜機械学習を用いた不正アクセス検知を実現する情報セキュリティサービスを提供〜

プレスリリース

株式会社カウリス

ISIDと不正アクセス検知サービスのカウリスが業務提携 〜機械学習を用いた不正アクセス検知を実現する情報セキュリティサービスを提供〜

(DreamNews) 2017年03月02日(木)10時00分配信 DreamNews

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)と株式会社カウリス(本社:東京都千代田区、代表取締役:島津 敦好)は、カウリスが開発・提供する法人向けクラウド型不正アクセス検知サービス「FraudAlert(フロードアラート)」の販売に関して業務提携しました。

本提携に基づき、ISIDは本日よりFraudAlertの提供を開始します。両社は今後、販売やマーケティングで協業していくほか、新たなサービス開発や適用領域の拡大に取り組んでいきます。

近年、決済手段の多様化・キャッシュレス化に伴う決済の利便性や効率性の向上が進む中で、不正アクセスによるカード情報の漏洩やなりすましによる不正取引は増加の一途をたどっています。このような状況の下、決済や認証を伴うサービスの提供者には、ユーザーの利便性を担保しつつ、より強固なセキュリティ対策の実施が求められています。

カウリスが開発したFraudAlertは、ユーザーのIPアドレスや位置情報など約50の要素を「その人らしさ」や「ふるまい」として機械学習によりパターン化し、アクセスが行われた際にリアルタイムで照合することで不正なアクセスを検知します。また、不正が疑われるアクセスに対してのみ追加の認証を促すことで、一般のユーザーに対するユーザビリティを損なわずにセキュリティを強化することが可能です。

ISIDは、かねてよりFinTechピッチコンテスト「FIBC」※1の開催やFinTech産業拠点「FINOLAB」※2の開設・運営を手がけ、FinTechエコシステムの創出に取り組んできました。2015年からは有望なFinTechスタートアップ企業への資本参加を開始し、2016年からはスタートアップの成長支援はもとより、業務提携による新たなサービス創出に向けた取り組みを加速させています。今回の提携を通じてISID は、顧客である数多くの金融機関に対して本サービスを展開していくことに加え、サービス業をはじめとした様々な業界に対しても本サービスの適用を検討していきます。

またカウリスは、ISIDとともに金融機関等へのFraudAlert導入を推進し、今後は「ネット」での不正アクセス検知に限らず、ATM・スマートハウス・自動運転車など「リアル」における不正アクセス検知技術の研究開発も進めていきます。さらに両社は、本サービスとISID が持つソリューションや知見を組み合わせることにより、新たなサービス開発を推進していく計画です。


<トライアルキャンペーンのご案内>
ISIDとカウリスの業務提携に伴い、特別キャンペーンを実施します。
キャンペーン期間 : 2017年3月31日迄
キャンペーン内容 : 2カ月間のFraudAlertのフリートライアル、およびWEBサービスへの攻撃データを記録した不正アクセス診断レポートを進呈。
申込み方法 : isid-campaign@caulis.jp まで、1. 氏名 2. 会社名 3. 役職 4. メールアドレス 5. 電話番号 を記載のうえ、件名を「FraudAlert・トライアルキャンペーン応募」としてメールにてご連絡ください。担当者より折返し詳細をご連絡します。

・ 導入に際してFraudAlertの初期・月次費用以外に発生する費用については、応募者の負担となります。
・ サービスによってはFraudAlertが利用できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。


※1 FIBC:金融イノベーションビジネスカンファレンス(Financial Innovation Business Conference)の略。ISIDが2012年から主催するFinTech領域に特化したイベント。メインプログラムのピッチコンテスト「FinPitch」には、例年未発表サービスも含めた先進金融サービスが多数登場し、日本における FinTechの最新トレンドが出揃う場となっている。2017年3月3日に開催される第6回のFIBCでは海外の著名FinTechアクセラレータや各国大使館の協力のもと、登壇企業の半数以上が海外スタートアップとなる、全編英語の本格的なグローバルイベントとして、過去最大規模で開催予定。
FIBC 公式サイト: http://fibc.info

※2 FINOLAB:三菱地所株式会社、株式会社電通、ISIDの協業事業として2016 年2月に開設された、日本初のFinTech産業拠点。東京国際金融センター構想の中枢である大手町エリアに拠点を置き、活動全般の運営を ISID が担当。具体的には、有望なスタートアップ企業の発掘などを目的とし、スタートアップ企業がサービスの開発に集中できる環境やリソースの提供、専門家によるメンタリング、オープンコミュニティ形成を促す各種イベントの開催、国内外の投資家や需要家とのマッチング機会創出等を行っている。
FINOLAB 公式サイト: http://finolab.jp


【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス  金融ソリューション事業部 DXビジネスユニット 小原、村田
TEL:03-6713-7007 E-Mail: g-finmarketing@group.isid.co.jp
【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス  コーポレートコミュニケーション室  野瀬、李
TEL:03-6713-6100  E-Mail: g-pr@isid.co.jp


<電通国際情報サービス(ISID) 会社概要>
社名 : 株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者 : 代表取締役社長 釜井 節生
本社 : 東京都港区港南2-17-1
U R L : http://www.isid.co.jp/
設立 : 1975年
資本金 : 81億8,050万円
連結従業員 : 2,635名(2016年12月末現在)
連結売上高 : 79,783百万円(2016年12月期) 
事業内容 : 1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営・連結会計、HCM(人財・人事給与就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

<株式会社カウリス 会社概要>
社名 : 株式会社カウリス
代表者 : 代表取締役 島津 敦好
本社 : 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4F FINOLAB内
U R L : https://caulis.jp/
設立 : 2015年12月4日
従業員 : 11名(2017年2月末現在)
事業内容 : 2016年10月よりユーザーのオンライン上でのふるまいから「その人らしさ」を検知し、なりすましによる不正アクセスを防ぐ「FraudAlert(フロードアラート)」を提供開始。2017年2月、EY(Ernst&Young)Innovative Startup 2017を受賞。

* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る