• トップ
  • リリース
  • 3/1より、「世界の終りを読む『終末フェア』」開催! アメリカ大統領からゾンビまで!? 今、「終末」から目が離せない!!

プレスリリース

3/1より、「世界の終りを読む『終末フェア』」開催! アメリカ大統領からゾンビまで!? 今、「終末」から目が離せない!!

(DreamNews) 2017年03月01日(水)14時00分配信 DreamNews

株式会社書泉の運営する芳林堂書店全店(コミックプラザを除く)では、人類滅亡のときである「終末」をテーマにした古今東西の書籍を集めてご紹介するフェア「世界の終りを読む『終末フェア』を3月1日から3月31日まで開催いたします。

1月にトランプ米大統領が就任したことなどを受けて、米科学誌が「終末時計」を30秒進めたというニュースも記憶に新しい中、芳林堂書店全店(コミックプラザを除く)では、本日より、「終末」をテーマにしたフェアがスタートいたしました。


3月1日から3月31日まで開催中の「世界の終りを読む『終末フェア』」は、人類滅亡のときである「終末」をテーマにした古今東西の書籍を集めてご紹介するフェアです。


フェアでは、芳林堂書店各店のスタッフによる選りすぐりの作品を40点ほど取り揃えました。『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(ハヤカワ文庫SF刊)といった名作SFに始まり、オカルト、ファンタジーはもちろん、地球環境やアメリカ大統領、最終戦争まで論じるノンフィクションなど、人類の終焉にまつわるゾッとする話、感動する話、考えさせられる話、考えたくもない話などを描いた書籍が並びます。


4月からTVアニメの放送が予定されている『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』(角川スニーカー文庫刊)と『クロックワーク・プラネット』(講談社ラノベ文庫刊)も、「終末」の世界を描く、今注目の作品です。アニメ化前に予習として原作を読んでみるのはいかがでしょうか。


店頭には、スタッフが独断と偏見で作成した「『終末』ジャンル分類表」もご用意いたしました。今、最もホットなワードの一つといえる「終末」をきっかけに、これまで読んだことのなかったようなジャンルを手にとるきっかけとしていただければ幸いです。


 また、芳林堂書店全店では、毎月オリジナルフェアを開催しております。
次回は、4月に「みんなここから始まった! 処女作フェア」を開催いたします。こちらもどうぞお楽しみに!


<フェア情報>
フェア名称: 世界の終りを読む『終末フェア』
開催日時: 2017年3月1日から3月31日まで
開催場所: 芳林堂書店全店 (コミックプラザを除く)
フェア内容: 人類滅亡のときである「終末」をテーマにした古今東西の書籍を集めたフェア。

フェア詳細: 
「芳林堂書店」ホームページ: http://www.horindo.co.jp/2017/03/4856/

※フェアの内容につきましては諸般の事情により変更・延期・中止になる場合がございます。ご了承下さい。
※フェアの展開規模は、店舗によって異なります。予めご了承ください。

<報道関係の方からのお問合せ先>
書泉プレス窓口  E-mail press@shosen.co.jp  TEL 03-3972-0022


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る