• トップ
  • リリース
  • 「倉庫ロボット(Warehouse Robotics)の世界市場:タイプ・可搬重量別、需要家別2022年予測」最新調査リリース

プレスリリース

リサーチステーション合同会社

「倉庫ロボット(Warehouse Robotics)の世界市場:タイプ・可搬重量別、需要家別2022年予測」最新調査リリース

(DreamNews) 2017年02月28日(火)10時00分配信 DreamNews

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「倉庫ロボット(Warehouse Robotics)の世界市場:タイプ・可搬重量別、需要家別2022年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
倉庫ロボットの世界市場規模は2016年段階では22億8000万ドルと推計されます。同市場は成長が続くEコマース産業からの需要増加などを追い風に、今後2022年にかけて平均年成長率11.8%で推移し、2022年には44億ドル市場に達すると当レポートでは予測しています。
レポートでは、2022年に至る倉庫ロボット市場の世界市場予測(市場規模US$/台数Units)、タイプ別市場(移動ロボット、多関節ロボット、円筒座標ロボット、スカラロボット、パラレルロボット、デカルトロボット)、ソフトウェア市場(倉庫管理システム、倉庫制御システム、倉庫実行システム)、機能別市場(ピック&プレース、パレタイジング、輸送、梱包)、可搬重量別市場(0.5〜10kg、11〜80kg、81〜180kg、181〜300kg、301〜900kg、900kg以上)、需要家業界別市場(Eコマース、自動車、電気電子、金属機械、化学/ゴム/プラスチック、食品飲料、製薬、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業13社プロフィール動向などの情報も交えて、倉庫ロボット市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
倉庫ロボット(Warehouse Robotics)の世界市場:タイプ・可搬重量別、需要家別2022年予測
Warehouse Robotics Market by Type (Mobile, Articulated, Cylindrical, SCARA, Parallel, Cartesian), Software, Function (Pick & Place, Palletizing & Depalletizing, Transportation, Packaging), Payload Capacity, Industry, and Region - Global Forecast to 2022
http://researchstation.jp/report/MAM/4/Warehouse_Robotics_2022_MAM466.html

【レポート構成概要】
◆ 倉庫ロボットの世界市場予測2014-2022年
・市場規模(US$)
・台数(Units)

◆ タイプ別、市場-2022年
・移動ロボット
・多関節ロボット
・円筒座標ロボット
・スカラロボット
・パラレルロボット
・デカルトロボット
※(市場規模US$、台数Units)

◆ ソフトウェア市場-2022年
・倉庫管理システム
・倉庫制御システム
・倉庫実行システム
※(市場規模US$)

◆ 機能別市場-2022年
・ピック&プレース
・パレタイジング&デパレタイジング 
・輸送 
・梱包 
※(市場規模US$)

◆ 可搬重量別市場-2022年
・0.5〜10kg
・11〜80kg
・81〜180kg
・181〜300kg
・301〜900kg
・900kg超
※(タイプ別、市場規模US$)

◆ 需要家業界別市場-2022年
・Eコマース
・自動車
・電気、電子
・金属、機械
・化学、ゴム、プラスチック
・食品飲料 
・製薬
・その他(製紙印刷、繊維衣類)

※セグメント相互を掛け合わせた細分化データ多数掲載、詳細は目次参照

◆主要国地域別市場-2022年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・ドイツ、フランス、英国
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、韓国、インド
・その他アジア太平洋
その他地域
・南米
・中東
・アフリカ
※ 地域別ではタイプ別、需要家業界別の細分化データ掲載

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・業界トレンド
・バリューチェーン分析
・業界構造分析(ファイブフォース分析)
・競合状況

◆ 倉庫ロボットの主要企業プロフィール動向
・ABB LTD.
・ファナック株式会社
・KUKA AG
・株式会社安川電機
・ATS AUTOMATION TOOLING SYSTEMS, INC.
・AMAZON.COM, INC. (AMAZON ROBOTICS)
・HONEYWELL INTERNATIONAL, INC. (INTELLIGRATED)
・オムロン株式会社
・FETCH ROBOTICS, INC.
・IAM ROBOTICS
・MAGAZINO GMBH
・SSI SCHAEFER AG
・WYNRIGHT CORP.

(その他イノベーター企業) 
・GREYORANGE PTE LTD.
・LOCUS ROBOTICS
・GEEK+ INC.
・INVIA ROBOTICS, INC

(全171頁)


【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/4/Warehouse_Robotics_2022_MAM466.html

発行元:MarketsandMarkets(米国)について
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2017年2月27日

★関連レポート
「サービスロボットの世界市場:用途タイプ別2022年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/4/Service_Robotics_2022_MAM412.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る