• トップ
  • リリース
  • 学生がUnityとKinectを使ったアプリ開発を体験「Unityアプリケーション開発入門」開催

プレスリリース

株式会社SIエージェンシー

学生がUnityとKinectを使ったアプリ開発を体験「Unityアプリケーション開発入門」開催

(DreamNews) 2017年02月28日(火)10時00分配信 DreamNews

株式会社SIエージェンシー(本社 東京都港区・代表 木原真)は京都府舞鶴市「国立舞鶴工業高等専門学校」にて平成29年2月25日〜26日に「Unityアプリケーション開発入門」を開催しました。

1:開催について・内容
SIエージェンシーでは2012年よりiPhoneアプリ・iPadアプリ開発講座を同校にて開催してきました。
2015年からは新たにUnity(※1)の講習会開催も開始し、今回はUnityの基本的な操作の講習を2日間に渡って実施いたしました。具体的には、Kinect(※2)を使って、カメラに映っている人の部分に骨組みを表示するといったUnityでKinectを使う内容で実施いたしました。
今回の講習会は3年生以下の生徒が参加し、高学年のプログラム上級者がいない中、Unityの基礎を学びました。

中にはプログラミング自体が初めてという生徒がいたり、全体の参加人数も多かったりしたのですが、弊社講師のサポートも手厚く、最後には生徒が自分なりに工夫を凝らしたアプリを制作することができ、滞りなく講習を終えることができました。
同校の先生も本講習をきっかけにUnity、Kinectの学習への理解を深めていただけたようで、Kinectの台数ももっと多くするなど、より良い講習を開催できる環境を準備できればよかったと、今後のUnity、Kinectの学習への前向きな意見をいただきました。

※1 Unity(ユニティ) :Windowsとmac OS上で動作するゲーム開発環境。様々なプラットフォーム向けに
3Dアプリケーションを制作することが可能。 
※2 Kinect(キネクト):マイクロソフト社から発売されたジェスチャー/音声で操作ができるデバイス。


2:開催概要
講習名:「Unityアプリケーション開発入門」
日時 :平成29年2月25日(土)9時~17時
    平成29年2月26日(日)9時〜16時
場所 :国立舞鶴工業高等専門学校
対象 :舞鶴工業高等専門学校 学生
内容 :Unity向けアプリケーション開発の初心者向け講習


3:アプリケーション開発講習会について
高等専門学校での開催を中心に、学生および社会人を対象に以下の講習会(一例)を実施してまいりました。

「iOSアプリケーション開発入門」
「Androidアプリケーション開発入門」
「Unity開発入門」

今後もSIエージェンシーでは、アプリ開発業界の活性化およびアプリ開発エンジニア育成の支援として、同様の講習会をお客様のご要望に応じて開催を予定しております。

4:会社概要
本社     :東京都港区南麻布2-2-13 麻布ハイプラザ2F
代表取締役社長:木原 真
事業内容   :スマートフォンアプリ開発(iPhone/iPad)、Windows 10アプリ開発、
        システム開発、WEBサイト開発(PHP)、業務システム開発
Mail     :support@si-agency.co.jp
会社サイト  :http://www.si-agency.co.jp



当プレスリリースに関するお問い合わせは以下へお願いします。

株式会社SIエージェンシー
担当:茂木(もぎ)
メール:pr@si-agency.co.jp
お問い合わせフォーム:http://www.si-agency.co.jp/inquiry.php
電話番号:03-6228-1680


※記載されている製品名などの固有名詞は、各社の登録商標です。名詞は、各社の登録商標です。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る