• トップ
  • リリース
  • てるい接骨院(岩手県宮古市)が酸素カプセルハイブリッドオキシーを導入!(2017/2)

プレスリリース

株式会社神戸メディケア

てるい接骨院(岩手県宮古市)が酸素カプセルハイブリッドオキシーを導入!(2017/2)

(DreamNews) 2017年02月27日(月)17時30分配信 DreamNews

健康・美容機器開発・販売卸業の株式会社神戸メディケア(本社:兵庫県神戸市、代表者:稲見 邦夫)は、てるい接骨院(所在地:岩手県宮古市 院長:照井 聡)に酸素カプセル1.35気圧モデル(製品名:HYBRID OXY)を導入しました。

【導入の目的や購入の決め手となったポイントを教えてください。】
実は、以前も神戸メディケアさんのハードタイプ酸素カプセルを使用していました。
台風による水害を受けたため、今回新たにHYBRID OXYを導入いたしました。
被災地の高校生や街の高齢者まで、人々は「疲れ」と「ストレス」に向き合い、
今まで以上に「癒し」を求めておられます。
そんな皆様を、このHYBRID OXYと共にお待ちしております。

【てるい接骨院とって酸素カプセルの魅力とは】
患者様のみでなく、我々スタッフの健康にも一役買ってくれているところです。
お風呂上がりのひと時など、贅沢な時間を酸素カプセルで過ごせます。

【酸素カプセルの効果・体感について、具体的な例があればお聞かせ下さい。】
素晴らしい「身体の回復」効果が得られています。
寝る前に40分入って休むだけでも、かなりの違いを感じることが出来ています。

【今後、カプセルの導入を検討されている方に一言いただけますか。】
あらゆる世代の方に酸素カプセルは愛好されております。
疲れが取れる。その一言に尽きますね。
 
【てるい接骨院のホームページ】
ホームページ→http://sathotei.wixsite.com/teruisekkotuin

【てるい接骨院について】
サロン名  てるい接骨院
所在地   〒027-0085 岩手県宮古市黒田町4-4
電話番号  0193-64-7771
地域に密着して多くの方々の腰の捻挫、ひざの痛み、重い肩の捻挫の痛みに向き合い丁寧な治療で多くの方々に感謝され今もなお21周年を迎えながらも地域医療の一端の接骨医療で貢献したく日時研鑽しております。

【酸素カプセル ハイブリッドオキシーの特徴】
・1.35気圧まで加圧可能なハードカプセルタイプの酸素カプセルです。
・限界加圧を超えた高圧化/減圧テストを1200時間繰り返し合格した安全性です。
・オールアルミ一体化により従来品より耐久性・静音性に優れ、つなぎ目(ボルト留め)が無い為、
 歪み/ねじれ音/キシミ音やエア漏れの心配がありません。
・静音性を徹底追及し40dBを実現させました。
・ランニングコストは1時間約5円の消費電力220Wです。
 ※新電力料金:単価22円/1kwh(税込)として計算
・優れた安全対策セーフティ設計です。
 新開発ドアクローズセンサー
 手動式強制排気弁(内外)  
 気圧上昇防止機能  
 気圧過昇リリーフバルブ  
 強制遮断装置
上記のように従来品から進化したスペックに共感を頂いており
病院・整骨院・鍼灸院・スポーツ選手と 幅広く導入していただいております。
※酸素カプセルハイブリッドオキシーは健康機器です。医療機器では有りません。  
製品詳細はこちら→http://biomag2008.org/product/hybrid-oxy.html

【本件のお問い合わせ先】
会社名:株式会社神戸メディケア 
部署:ヘルケア事業部
担当者:野田
TEL:078-203-9155
FAX:078-671-5659
E-mail:info@taisya.net
facebook https://www.facebook.com/kobemedicare
instagram https://instagram.com/kobemedicare/
Line@ http://accountpage.line.me/bfn5488b
google+ https://plus.google.com/u/0/b/115107164152097530763/+TaisyaNetKMC/posts
twitter  https://twitter.com/Kmc2525_2525


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る