プレスリリース

株式会社 集英社

集英社クオータリー『k o t o b a』第27号 3月6日発売!

(DreamNews) 2017年02月24日(金)15時00分配信 DreamNews

本当に伝えるべき価値あるコトバを、きちんと伝えていく。今、最も考えたいテーマを、最も読みたい書き手のコトバで発信します。 集英社クオータリー『k o t o b a』では、毎号大きな特集テーマを設け、さまざまな識者に論じてもらいます。時代を担う作家や現在脚光を浴びている論客の寄稿・インタビュー・対談などを通じ、今という時代を説き明かします。第27号の特集は、「このノンフィクションが凄い!」です。





多様性を考える言論誌
[集英社クオータリー]コトバ
『k o t o b a』第27号
このノンフィクションが凄い!

3月6日(月)発売
定格:本体1333円+税
http://kotoba.shueisha.co.jp/


【内容紹介】
このノンフィクションが凄い!
優れたノンフィクションは、ときに我々の常識を超える。
これまで見たこともない世界を描き、世の中が多様であることを教えてくれる。
丹念で執拗な取材により、権力の欺瞞や犯罪を白日のもとに晒す。
闇に埋もれた事実を掘り起こし、我々の歴史認識を問い直す。
読者の人生観、世界観を一変させるような凄い<mンフィクションを紹介する。
【特集構成】
Part1 聞く
沢木耕太郎×梯 久美子 「作家の妻」をめぐる二つの物語
ジョン・クラカワー 「少なくとも一〇〇回は書き直している」
国分 拓 「ノンフィクションのようなドキュメンタリーを作りたい」
Part2 読む
池澤夏樹 ノンフィクションと文学のあいだ
福岡伸一 文化の狭間を生きた建築家ミノル・ヤマサキの人生を読む
中島岳志 見えないタブーを明らかにする
船橋洋一 ハルバースタムが伝えた真実
孫崎 享 沈みゆく超大国を暴く目
斎藤貴男 世界を動かすロスチャイルド家の支配
荻上チキ ノンフィクションは世界への眼差しを更新する
田崎健太 「調べて書く」事件ノンフィクションの毒
水道橋博士 竹中労と僕
武田砂鉄 声を排する世の中で、消えゆく声を拾う
越智道雄 ペンタゴンを三〇〇フィート空中浮揚させよう
横山恭子 『夜と霧』と希望
書店員の眼 このノンフィクション作品がおすすめ
伊藤達生 未知だらけの世界、まだまだ冒険は読める
白石正明 言葉は絶えても身体との対話は続く
東えりか 時代を切り開いた女性イノベーターたち
工藤律子 ジョン・リード『反乱するメキシコ』を読む
まだまだある、kotoba編集部おすすめのノンフィクション10選

小特集
水野和夫 「閉じてゆく帝国」と日本の未来
千葉俊二 死に向き合う谷崎潤一郎
黒川伊保子 女性脳を理解する
佐藤 暁 テロと原子炉事故
新井紀子 人間はAI化しているか?
対談
片山杜秀×島薗 進 天皇のあり方しだいで日本の近代が吹き飛ぶ
高野秀行×清水克行 世界の名著とハードボイルド読書会
夢枕 獏×岡村道雄 縄文探検隊が行く!
連載
松本 修 方言分布図でたどる日本の心
三木義一 税のタブーを考える
四方田犬彦 女王の肖像
佐藤勝彦 重力波天文学の扉が開く
柴山桂太 二十一世紀の「大転換」 
井出英策 新自由主義と僕たちの自由
浜 矩子 通過という不思議
大澤 聡 地域の可能性を引き出す対話の作法
赤坂憲雄 戦後知の戯れ
木村草太 思考する憲法、実践する憲法
鹿島 茂 テンプル騎士団の遺産
若松英輔 いのちに火を灯すもの 佐藤初女
岡田 晃 明治の産業革命遺産


[集英社クオータリー]コトバ
(季刊・3月、6月、9月、12月の各6日発売・土曜の場合は5日)

【お問い合わせ】集英社 広報部 03-3230-6314


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る