• トップ
  • リリース
  • 本年初サイトパフォーマンスランキングは損保部門で大変動 通販、生命保険、損害保険、証券業界Webサイトのパフォーマンスランキングを発表

プレスリリース

株式会社サムライズ

本年初サイトパフォーマンスランキングは損保部門で大変動 通販、生命保険、損害保険、証券業界Webサイトのパフォーマンスランキングを発表

(DreamNews) 2017年02月23日(木)14時00分配信 DreamNews

株式会社サムライズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷 利太郎、以下、サムライズ)は、通販・生命保険・損害保険・証券各社のWebサイトを対象とした、各社トップページにおけるサイトパフォーマンス計測結果(2017年1月分) をランキングとして2017年2月23日発表いたします。

株式会社サムライズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷 利太郎、以下、サムライズ)は、通販・生命保険・損害保険・証券各社のWebサイトを対象とした、各社トップページにおけるサイトパフォーマンス計測結果(2017年1月分) をランキングとして2017年2月23日発表いたします。

今回発表したランキング

- 通販PCサイトパフォーマンスランキング(2017年1月)
- 証券PCサイトパフォーマンスランキング(2017年1月)
- 生命保険PCサイトパフォーマンスランキング(2017年1月)
- 損害保険PCサイトパフォーマンスランキング(2017年1月)

各パフォーマンスランキングの結果は以下の通りとなりました。

URL: http://www.samuraiz.co.jp/dynatrace/ranking/index.html?WT.mc_id=07-2-15-523


■ 「サイトランキング」 (2017年1月 計測期間:2017年1月1日〜1月31日) 概要

前月の計測(2016年11月)から、損保部門において大幅にランキング変動が有りました。首位のアメリカンホーム保険に変わりは無いものの、2位の三井住友海上火災保険(前回9位)、5位のそんぽ24損害保険(前回10位)、7位のあいおいニッセイ同和損害保険(前回13位)の各社のランキングが大幅に上昇となりました。証券部門においても、前回、4位と9位のマネックス証券と丸三証券が首位と3位にランクされました。通販部門はスタートトゥディが9位から首位へとジャンプアップしましたが、その他ランキング上位には大きな変動は有りませんでした。


□ ランキング計測に関する補足及び計測対象

Dynatrace Synthetic Monitoringを利用して東京に設置されている計測ポイントから1時間に1回計測しています。

(1)レスポンスタイム
訪問者が特定のURLにアクセスしたとき、そのページの全てのコンテンツが読み込まれるまでの時間【単位:秒】を計測し順位を決定しています。
(2)可用性
訪問者が特定のURLにアクセスしようとした際に、アクセスできた割合を【単位:%】で表記しています。
(3)転送効率
1秒あたりの処理容量【単位:MB/秒】を表記しています。
(4)測定対象
通販サイトは、通販新聞社が2014年1月2日(第1444号)に発表した「第61回通販・通教売上高ランキング」(実績対象決算期:12年10月〜13年9月)を 基に、上位30社の主要サイトトップページを測定対象としています。 生命保険PC・スマートフォンサイト、損害保険PC・スマートフォンサイトは弊社内にて対象企業をノミネートしています。

注意: このベンチマークは、Webサイトの優位性や利便性を保証するものではないことにご注意ください。


■ Dynatrace とは

Dynatrace はビジネスにおけるITの効果・貢献・影響を測定 ビジネスの成長を支援する統合プラットフォームです。

− Webサイトの訪問者が増加すると、サイトの動きが遅くなる。
− TV-CMや人気サイトで紹介されたことによって、サイトに繋がりにくくなった。
− ログインや注文ボタンを押すと、とても時間がかかることがある。

このようなWebサイト訪問者のフラストレーションは、顧客の期待を大きく裏切りWebサイトの利用率やコンバージョンの低下、ビジネス機会の損失など多大な悪影響を及ぼします。 Dynatrace はこれらの問題を検知し、ユーザー体感を向上の為のヒントを導き出すことで、ビジネス上の成果を最大限に高めることに貢献します。

 ▼Dynatrace製品紹介ページ
   http://www.samuraiz.co.jp/dynatrace?WT.mc_id=07-2-15-523


■ 株式会社サムライズについて

サムライズは常にお客さまの視点に立ち、投資に見合う情報化・効率化を実現する「革新的な技術やサービス」を提案することで、お客さまに課題解決の為の簡 易かつ最適なサービスとソリューションを提供する「ソフトウェアとサービスのマーケティング・プラットフォーム企業」を目指しております。弊社では、2002年からアプリケーションパフォーマンスマネージメント製品やサポートサービスの提供を行っております。

本社住所: 東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビル10F
電話: 03-5436-2040(代)
URL:http://www.samuraiz.co.jp?WT.mc_id=07-2-15-523

■ 本件に関するお問い合わせ先
担当: ビジネスアナリティクスユニット 小出 電話:03-5436-2045

*本文に記載のある製品名、会社名、サービス名は各社の登録商標または商標です。
*プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

以上

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る