• トップ
  • リリース
  • BODYMAKERが東京マラソンEXPO2017に出展決定 走り続けるウェア「MAGURO GEAR」も当日販売いたします。

プレスリリース

BODYMAKERが東京マラソンEXPO2017に出展決定 走り続けるウェア「MAGURO GEAR」も当日販売いたします。

(DreamNews) 2017年02月15日(水)12時00分配信 DreamNews

大阪府吹田市を拠点に、日本発のスポーツブランドBODYMAKER(ボディメーカー)の製造から販売まで行っている株式会社BB-SPORTS(本社:大阪府吹田市 代表取締役社長:長渕 巧)は、2017年2月23日(木)〜25日(土)の三日間わたり開催される東京マラソンEXPO2017(東京ビッグサイト西展示棟)にてブース出展を決定しました。

大阪府吹田市を拠点に、日本発のスポーツブランドBODYMAKER(ボディメーカー)の製造から販売まで行っている株式会社BB-SPORTS(本社:大阪府吹田市 代表取締役社長:長渕 巧)は、2017年2月23日(木)〜25日(土)の三日間わたり開催される東京マラソンEXPO2017(東京ビッグサイト西展示棟)にてブース出展を決定しました。大会の盛り上がりと同様に会場の熱気が高まる「東京マラソンE X PO」はナンバーカードを引き換えにくる日本全国および海外からの3万6千人のランナーを含め、10万人以上が訪れる日本最大のランニングのトレードショーです。東京マラソンEX PO2017は”Running LifeStyle”をテーマに開催され、BODYMA K ERも数々の人気商品を集めブースを出展いたします。2014年度の初出展より今大会で4度目の出展です。

東京マラソンEXPO2017 BODYMAKERブース注目の「MAGURO GEAR」
BODYMAKERはトレーニング用品を中心にスポーツウェアなどを幅広く展開するスポーツブランドです。トレーニングまで考えるメーカーだからできた「コラントッテ」とコラボした医療機器として着用できるウェア「B・C・G」や、例年人気のランニングバッグやウィンドブレーカーなどもブースに並びます。
中でも今回注目の、近畿大学 谷本道哉准教授(運動生理学)との共同開発である「M A G U R O G E A R」は、筋肉に適度な圧力をかけることで、筋クランプ(足の攣り)を予防出来ることを実験で証明した商品です。日本経済新聞、読売新聞など各新聞雑誌にも掲載され発売当初より話題を集めています。今回、「MAGURO GEAR」も東京マラソンEXPO2017のBODYMAKERブースにて販売が決定いたしました。
長距離ランナーなどアスリートにとって下半身の筋肉が攣ることは、選手生命にかかわる大怪我につながりかねません。そこで、ランナーのサポートを目的に「足の攣り」を予防できるスポーツウェアを開発。「MAGURO GEAR」は、太ももの裏から脹脛の裏まで、圧迫する力が強い伸縮素材を採用。筋疲労によって筋神経系が過剰に活動する結果、足の攣りが発生する前兆として筋放電量が高まる現象に着目し、10人を実験対象とし足の筋力を最大限に発揮する負荷をかけたところ、「MAGURO GEAR」を着用した場合3〜4割ほど金放電量が低くなる結果が得られました。

サブスリーランナー必見!―「足が攣るリスクを防ぐこと」は「後半の失速を防ぐこと」に繋がる

【満身創痍状態で「MAGURO GEAR」を着用しフルマラソン完走】
松井氏は、満身創痍状態の足で「MAGURO GEAR」を着用し、足を攣ることなくフルマラソンを完走。世界一過酷なトライアスロンと言われる、鉄人レース・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180km、ランニング42.2km)に挑戦1週間後に迎えた第6回神戸マラソンで「MAGURO GEAR」を着用し出場。当日は、筋肉痙攣が止まらず、すでに脹脛が攣りそうな感覚を覚えるくらい筋肉が固まっていました。アイアンマン挑戦中は何度も足を攣り、まだ癖の残っている状態でしたが、ハムストリングスや脹脛に負担がかかる登り坂コースの神戸マラソンでは最後まで足を攣ることなく走り切ることができ数々のレース出場経験者である松井氏も「MAGURO GEAR」の実力に感動を述べています。”サブスリー”をなかなか達成できないランナーは後半失速する人が多く、足の攣るリスクを防ぐことができれば、後半の失速を防げる可能性は高まります。
松井一矢 代表(健康ランニングプロデューサー 兼神戸アスリートクラブ代表)
吉本ふるさとアスリート (吉本FA)所属・第2回神戸マラソン年代別19歳以下の部優勝・第68回丸亀国際ハーフマラソン一般参加年代別29歳以下の部優勝・第29回北海道サロマ湖ウルトラマラソン24歳以下の部優勝・第33回ニューカレドニア国際マラソン年代別ヤングの部優勝の経歴を持つアスリートです。

【走り続けるランナーをサポート。スポーツ業界を盛り上げる】
BODYMAKERは、1999年にトレーニング用品の開発からスタートし、現在ではその技術を応用した本格志向のスポーツウェアまで幅広く展開する中で、「東京マラソンEXPO」でのブース出展など、ランナーの声を多く聞く機会が増え、今回、全てのランナーのパフォーマンス向上を掲げ「MAGURO GEAR」の開発に取り組みました。止まることなく泳ぎ続ける「近大マグロ」の完全養殖に世界で初めて成功した近畿大学とタッグを組み、「ランナーにマグロのように止まらず走り続けてもらいたい」との思いから商品名が付けられ誕生しました。 リスクと常に隣り合わせのアスリート。そんなアスリートが身に纏うスポーツウェアが、走り続けるランナーをサポートできるよう商品開発に取り組まれた「MAGURO GEAR」をお試しいただけるこの機会に、ぜひみなさまお誘いあわせの上ご来場くださいませ。
■開催日時:平成29年(2017年)2月23日(木)・24日(金)11:00〜21:00(入場は20:30まで)2月25日(土)11:00〜20:00(入場は19:30まで)
■開催日時:東京ビッグサイト西展示棟 〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1(※入場無料)





本件に関するお問い合わせ(画像などの素材に関しましてもこちらにお問い合わせください)
株式会社BB−SPORTS
〒564-0062 大阪府吹田市垂水町3-23-25 担当:広報課 近江知香(おうみちか)
TEL:06-6369-7717/ FAX:06-6369-7718
mail:design@bodymaker.jp
http://www.bodymaker.jp/shop/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る