• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所調査結果サマリー】国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査を実施(2016年) −積極的な銀行APIの公開に加え、革新的な取組みを支援する法環境の整備がカギ−

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所調査結果サマリー】国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査を実施(2016年) −積極的な銀行APIの公開に加え、革新的な取組みを支援する法環境の整備がカギ−

(DreamNews) 2017年02月09日(木)13時00分配信 DreamNews

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のFinTech(フィンテック)市場の調査を実施いたしました。

1.調査期間:2016年11月〜2017年1月
2.調査対象:国内のFinTechベンチャー企業、金融機関、SIer
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2017年1月31日

<FinTech(Financial Technology)および FinTech(フィンテック)市場とは>
FinTech(フィンテック)とは金融(Finance)と技術(Technology)を掛け合わせた造語である。従来の金融機関では提供できなかった領域においてIT技術を活用して提供する金融サービスを意味する。
本調査におけるFinTechは次のように分類し、「ソーシャルレンディング(融資)」「クラウドファンディング」「投資・運用サービス(投資・運用、情報提供)」「ペイメント・決済」「ブロックチェーン(プラットフォーム、仮想通貨)」「企業会計(クラウド型会計ソフト、会計・経理クラウドサービス)」「家計簿・経費精算アプリ(家計簿・資産管理、経費精算)」「金融機関向けセキュリティサービス」の8領域を対象とする。
国内FinTech市場規模は従来の金融機関が提供していない、革新的なサービスやその基礎技術を提供するベンチャー企業に焦点を当て、当該ベンチャー企業の売上高ベースで算出している。

◆2015年度の国内FinTech市場規模は48億8,500万円、市場を取り巻く環境整備が進展
◆2015年度はソーシャルレンディングとクラウド型会計ソフトが市場を牽引
◆ブロックチェーンの活用拡大に加え、仮想通貨の利用先の拡大、支援体制の整備などを背景に、2021年度には808億円に急拡大すると予測

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■プレスリリース
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001651
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る