• トップ
  • リリース
  • 2016年度 ふじのくにEPAネットワーク宿泊研修 ■日時:2017年2月16日(木) 12時30分〜20時、17日(金) 8時30分〜11時40分

プレスリリース

社会福祉法人 聖隷福祉事業団

2016年度 ふじのくにEPAネットワーク宿泊研修 ■日時:2017年2月16日(木) 12時30分〜20時、17日(金) 8時30分〜11時40分

(DreamNews) 2017年02月08日(水)14時00分配信 DreamNews

外国人職員の日本での資格取得と高い専門性を習得するための人材育成研修です。 2016年度介護福祉国家試験、日本語学習の準備と解説 日本の食事と介護施設の食事を学び、より安全で楽しい食事介助の方法を習得します。

 全国1都8県147拠点で、医療・保健・介護・保育・障がい者施設など福祉事業を展開する聖隷福祉事業団(法人本部:静岡県浜松市/理事長:山本敏博/以下、聖隷)は、2009年より経済連携協定(EPA:EconomicPartnership Agreement)により、フィリピンから職員を受入れ、スタッフの実践や育成を行っております。
 2011年に、聖隷が発起人となり、静岡県で介護人材の受入れを行っている社会福祉法人、静岡県庁 介護保険課、静岡県立大学関係者の協力で、「ふじのくにEPAネットワーク」を発足しました。
 2011年から毎年、EPA候補生、県内受入れ法人等を対象に、宿泊研修を行い人材育成と交流を図っています。
そして、今年度は熱海研修センターにおいて、2017年2月16日(木) 12時30分〜20時、17日(金) 8時30分〜 11時40分の日程で研修が決定しました。
 今回は食事介助をメインに研修を行います。日本の食事と介護施設の食事、食事介助方法を学び、その後、利用者への食事介助を想定した理想の介助方法についてグループワークを行い、発表します。

■聖隷のEPA候補生に対する取り組み
 近い将来、日本が少子超高齢化社会となり、介護人材が不足することは確実で、外国の方の手を借りる時代がくることが予測され、聖隷では以下のような取り組みを行っています。
 ・心地よく働けるための環境づくり
 ・看護師、介護福祉士国家試験合格のための学習システム、教材の作成
 ・日本で生活するうえで必要な支援
 ・県の担当部署、県内EPA候補生受入れ病院、施設との連携、ネットワークづくり
 現在、聖隷の病院や介護施設等で20名以上のフィリピン人職員が、働きながら日本の資格取得と専門職としての活躍を目指しています。
 EPA候補生として来日する職員は、フィリピンと日本国内で日本語研修を受けて、病院や施設で働き始めます。職員は母国で看護・介護の資格を取得していますが、現行の制度では、日本の国家試験を受験し、合格しなければ働き続けることができないため、日々仕事をしながら、国家試験合格を目指して勉強に励んでいます。

■フィリピン人職員の受入れ実績
看護:聖隷浜松病院
介護:聖隷厚生園信生寮
   和合愛光園 浜北愛光園
   森町愛光園 花屋敷栄光園
   三方原ベテルホーム
   藤沢愛光園

■■2016年度 ふじのくにEPAネットワーク宿泊研修 開催概要■■

■日時   2017年2月16日(木) 12時30分 〜 20時(開場受付 12時30分〜)
          2月17日(金) 8時30分 〜 11時40分
■場所   熱海研修センター(伊豆山研修センター) 熱海市伊豆山1065-1
■宿泊場所 熱海研修センター
■問合せ  TEL:053-413-3376
■主催   学校法人ミズモト学園 浜松医療福祉専門学校
■事務局  社会福祉法人 聖隷福祉事業団 人事企画部 人材開発課
■参加者  EPA候補生(35名:フィリピン、ベトナム)、県内受入れ法人(8法人)
      
〔スケジュール〕
≪1日目≫
12:30〜 開場・受付
13:00〜 開会の挨拶
13:10〜 研修内容・研修中の注意、自己紹介
13:30〜 ・2016年度介護福祉士国家試験の解説
      ・介護福祉士国家試験に向けた
       日本語学習の準備
       〜学習ツールの紹介と自己学習〜
17:00〜 講義「日本語学習(未定)」
18:00〜 チェックイン・部屋割り確認
18:30〜 夕食・交流会


≪2日目≫
08:30〜 講義「日本の食事と介護施設の食事」
09:30〜 講義
      「より安全で楽しい食事介助の方法を学ぼう」
10:00〜 グループワーク
      Aさんの理想の「食事介助の方法」についてまとめよう!
10:50〜 グループワーク発表
      「今日から取り組む食事介助方法」
11:30〜 閉会



≪法人概要≫
法人名 : 社会福祉法人 聖隷福祉事業団(せいれいふくしじぎょうだん)
創立  : 昭和5年(1930年)5月
基本理念: キリスト教精神に基づく「隣人愛」
代表者 : 理事長 山本 敏博(やまもと としひろ)
所在地 : 静岡県浜松市中区住吉2丁目12番12号(法人登記)
事業内容: 1.医療事業(病院・診療所・ホスピスなど)
      2.保健事業(健康増進・健康診断・人間ドック・疾病予防・
       労働環境測定など)
      3.福祉事業(特別養護老人ホーム・身体障がい者支援施設・
       救護施設・無料または低額診療・保育事業・
       有料老人ホーム事業など)
      4.介護サービス事業(介護老人保健施設・通所事業・
       訪問看護ステーション・在宅訪問事業など)
事業規模: [施設・事業数]147施設・300事業(2017年2月現在)
     [職員数]   13,886名(2016年12月現在)
     [事業収益]  約1,055億円(2015年度)
URL   : http://www.seirei.or.jp/hq/index.html

<本資料に関する報道関係者様からのお問合せ先>
【聖隷福祉事業団】 広報事務局(フロンティアインターナショナル内) 
担当:前川、森、千葉
TEL:03-5778-4844 / FAX: 03-3406-5599 / mail:frontier-pr@frontier-i.co.jp




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る