• トップ
  • リリース
  • マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、骨粗鬆症治療薬の処方実態について調査結果を発表

プレスリリース

株式会社総合企画センター大阪

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、骨粗鬆症治療薬の処方実態について調査結果を発表

(DreamNews) 2017年02月03日(金)18時00分配信 DreamNews

当資料は、2014年度および2016年度に実施した「骨粗鬆症の患者調査」において、連続参加した被験者145人の薬剤変更状況や骨密度・満足度について追跡調査を行ったものである。調査の結果、薬剤処方内容は、いずれの年度でもBP製剤のみを処方された被験者が約4割を占めることが分かった。さらに、処方内容の変更状況では、2014年度の内容から全く変更がなかった被験者が全体の51.0%となった。

概要
◆弊社で実施した「骨粗鬆症の患者調査」において、2014年度および2016年度調査に連続参加した被験者は145人であった。当資料は、これら被験者の追跡調査を行なったものである。

◆被験者の薬剤処方内容を調べたところ、いずれの年度でもBP製剤のみを処方された被験者が約4割を占めた。また、各薬剤の出現率はBP製剤、活性型ビタミンD3製剤、SERM製剤の順に高いことが分かった。

◆また、薬剤種類別に各ブランドの出現率をみると、いずれの年度においてもBP製剤では「ボナロン」、活性型ビタミンD3製剤では「エディロール」、SERM製剤では「エビスタ」がそれぞれトップとなった。なお、2014年度と比べると、抗体製剤「プラリア」の出現率が上昇している。

◆このほか、処方内容の変更状況をみると、2014年度の内容から全く変更がなかった被験者が全体の51.0%を占めた。また、処方ブランドのみ変更があった被験者が15.2%、薬剤種類自体に変更があった被験者が33.8%となっている。このうち、薬剤種類が変更された被験者群では、薬剤数の増減が満足度の低下に関わっていることが示された。

◆当資料では、被験者145人の薬剤変更状況や、骨密度・満足度について調査・分析。今後のプロモーション戦略立案の一助となる資料としている。



TPC市場調査レポート
「2017年 骨粗鬆症治療薬の処方実態追跡調査」
―薬剤の変更状況や骨密度・満足度を分析―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr310170348
資料体裁:A4判 106頁
発 刊 日:2017年2月3日
頒   価:87,000円(税抜)

【会社概要】
━━━━社名変更のお知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年3月1日より、「株式会社総合企画センター大阪」を
「TPCマーケティングリサーチ株式会社」と社名変更致します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
■プライバシーマーク認定番号  第20001810 号
■ISO27001認証書番号  IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
https://secure2.future-shop.jp/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る