• トップ
  • リリース
  • アプリ「日本美食 Japan Foodie」ジャスダック上場で外食チェーン店を展開するアスラポート・ダイニングが参加決定!【インバウンド×フィンテック】

プレスリリース

日本美食株式会社

アプリ「日本美食 Japan Foodie」ジャスダック上場で外食チェーン店を展開するアスラポート・ダイニングが参加決定!【インバウンド×フィンテック】

(DreamNews) 2017年02月03日(金)15時00分配信 DreamNews

インバウンド領域において「完全成果報酬型送客・事前予約・スマホ決済」の3つの機能を備えたグルメサービスを展開する、日本美食株式会社はこの度、導入企業としてジャスダック上場で外食チェーン店を展開する株式会社アスラポート・ダイニングのグループ会社である株式会社プライム・リンクが参加することが決定しましたことを本日、2017年2月3日お知らせ致します。

インバウンド領域において「完全成果報酬型送客・事前予約・スマホ決済」の3つの機能を備えたグルメサービスを展開する、日本美食株式会社(東京都港区、代表取締役社長:董 路、以下日本美食社)はこの度、導入企業としてジャスダック上場で外食チェーン店を展開する株式会社アスラポート・ダイニングのグループ会社である株式会社プライム・リンク(代表取締役社長:檜垣周作、本社:東京都品川区)が参加することが決定しましたことをお知らせ致します。

導入第1弾として、既に海外観光客にも人気の料理である"とんかつ"を提供し、全国16店舗を展開する「キムカツ」「ゲンカツ」を初めとし、順次導入を予定しています。

■導入店「キムカツ」ブランドについて

厳選された国産豚ロースの美味しい部分だけを超薄切りにして25枚重ね、ミルフィーユ状にしたのが【キムカツ】です。キムカツでは、ご注文いただいてから一枚一枚丁寧に重ね、特製のパン粉をつけてから低温でむらがないようにじっくりと揚げていく調理法。外はサクサク、中はふわふわのキムカツ独特の食感をお楽しみいただける。キムカツで、贅沢なひと時をお過ごしいただけます。
日本美食を通し、訪日観光客に『キムカツ』自慢の最高の『とんかつ』を徹底的にご堪能ください。


■導入の経緯

今回の導入店でもある「キムカツ」「ゲンカツ」では、既に観光客の来店が増加傾向にある中、インバウンド領域におけるグルメサービスを展開する「日本美食 JapanFoodie」を導入することで、来店増加の強化や来店時のおもてなし強化を狙い導入が決定。


■日本美食の概要

アプリ「日本美食 Japan Foodie」は、訪日観光客及び飲食店向けに「完全成果報酬型送客・事前予約・スマホ決済」の3つの機能を備えた今までにないグルメサービスを提供し、観光客と飲食店をつなぎます。



■日本美食の強み


1.No Show/ドタキャン回避:
観光客が予約時に事前決済をしているので、No Show/ドタキャンが起きても、飲食店は予約代金を受け取ることができる。

2.相互レビュー機能:
お客さんが飲食店をレビューできるのみならず、決済したお客さんを飲食店側が特定できるため、日本で初めて飲食店がお客さんをレビューすることができる。
それにより、お客さんのマナー向上につなげることができる。

3.スマホ決済時手数料 業界最安値保証:
飲食アプリで世界最多であるスマホ決済可能方法 計9種類を提供するのみならず、スマホ決済時手数料の業界最安値(※1)を保証している。
(※1) 他 決済手数料が弊社手数料よりも安い場合、それよりも安い手数料を提供させていただきます。



現在、日本美食社では下記のお店を筆頭に約360店の飲食店にご契約いただいております。




日本美食社は引き続き、皆さまのご意見ご要望を伺いながら機能改善及び新機能を提供してまいります。

                                          以上



■本件に関するお問い合せ
●日本美食株式会社 広報担当:川田
【住所】 〒106-0032 東京都港区六本木 4-2-8
【WEB】 日本美食ホームページ<http://www.japanfoodie.jp/
【BLOG】 日本美食ブログ<http://blog.japanfoodie.jp/
【Mail】 info@japanfoodie.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る