• トップ
  • リリース
  • あなたのシェアハウスを取材させてください! -10社限定で物件紹介記事が半額のキャンペーンを実施-

プレスリリース

株式会社バンケッツ

あなたのシェアハウスを取材させてください! -10社限定で物件紹介記事が半額のキャンペーンを実施-

(DreamNews) 2017年01月31日(火)09時00分配信 DreamNews

株式会社バンケッツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:板倉ようすけ)は、シェアハウスを運営・管理するオーナー・管理会社様向けに、シェアハウスを取材し特集記事を作成するサービスの半額キャンペーンを2017年2月1日から実施いたします。

近年、シェアハウスの物件数は増加しており、単純に物件掲載サイトに登録するだけでは、物件は埋もれてしまいがちです。たとえ広告でアクセス数を増やしても、ユーザーには物件の魅力が十分に伝わらないこともあり、ご紹介する立場として、もどかしさを感じていました。
 そこでバンケッツでは、10社様限定で物件紹介記事の半額キャンペーンを実施することにいたしました。シェアハウスのプロが物件にお伺いし、物件の魅力が十分に伝わるような特集記事を作成。入居希望者に効果的な訴求をすることで、物件のマッチングを促進し、空室率の改善をお手伝いいたします。

■キャンペーン概要
1)対象:シェアハウスを運営・管理するオーナー、管理会社様
2)キャンペーン価格:通常価格60,000円(税抜き)→【限定10社】特別価格30,000円(税抜き)
3)キャンペーン期間:2017年2月1日から2017年12月31日まで
4)ご利用条件:シェアハウスの所在地が一都三県にあること(詳しくはご相談くださいませ)
5)【取材例1:コンセプト型シェアハウスの訪問記事】
  (PC)http://share-share.jp/blog/article/10095
  (スマホ)http://share-share.jp/sp/blog/article/10095
 【取材例2:地域密着型シェアハウスのオープン前訪問記事】
  (PC)http://share-share.jp/blog/article/9733
  (スマホ)http://share-share.jp/sp/blog/article/9733
 【取材3:内覧会開催時の訪問記事】
  (PC)http://share-share.jp/blog/article/9627
  (スマホ)http://share-share.jp/sp/blog/article/9627

■訪問記事掲載のメリット
・入居検討者のニーズを把握しているシェアハウスのプロが、取材・執筆を行うため、入居検討者に響く、魅力的な紹介記事の作成が可能です。
・物件紹介記事はポータルサイト「シェアシェア」に掲載される為、物件の露出拡大が見込めます。
・検索時に「物件名」や「地域×シェアハウス」などのキーワードで記事が上位表示されることがあり、SEO対策としても効果的です。

【本キャンペーンについての紹介記事】
  URL(PC): http://share-share.jp/blog/article/11001
  URL(スマホ): http://share-share.jp/sp/blog/article/11001

■お申し込み方法
下記から担当までご連絡くださいませ。ご利用条件などのご案内をいたします。
 担当:田中、藤田 TEL:03-6709-8908 MAIL:info@share-share.jp

■ポータルサイト「シェアシェア」について
シェアハウス検索サイトとして、業界最大規模の約1,500物件を掲載。急成長を遂げたシェアハウス業界にこの6年間、深く関わって参りました。ユーザーの更なる拡大に向け、より面白く、分かりやすく、一歩先をゆく情報の提供を実現し、今後もシェアハウスの更なる普及に寄与して参ります。
「シェアシェア」URL:http://share-share.jp/

■運営者情報
会社名  :株式会社バンケッツ
事業内容 :webサイトの企画、設計、開発、運営及び販売
所在地  :東京都渋谷区千駄ヶ谷 5-14-10 新宿明治通りビル 2F
本件の担当:田中 / 藤田
連絡先  :TEL:03-6709-8908 / FAX:03-6709-8934
      MAIL:info@share-share.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る