プレスリリース

ことりっぷが「東京からの旅」を提案

(DreamNews) 2017年01月30日(月)11時00分配信 DreamNews

株式会社昭文社は、季刊の『ことりっぷマガジン』の特別編集版第3弾として『東京からの小さな旅』を2月6日より発売することをお知らせします。過去に掲載した人気記事に最新の東京発の週末おでかけ情報をプラスして、ガイドとしても読み物としても使える一冊にまとめたのが本企画です。東京から行く日帰り旅として鎌倉や葉山など6つのエリアをご紹介、1泊2日の旅のプランとして11のエリアを選定しました。


 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、季刊の『ことりっぷマガジン』の特別編集版第3弾として、過去に掲載した人気記事に、最新の東京発の週末おでかけ情報を追加した『ことりっぷマガジン特別編集 東京からの小さな旅』を2月6日より発売することをお知らせいたします。

■本企画のコンセプト、特長
 季節ごとのおすすめの旅やライフスタイル情報を提案する年4回発行の「ことりっぷマガジン」で取材した情報と、ことりっぷファンのコミュニティサイト「ことりっぷWEB(⇒ https://co-trip.jp/ )」で紹介し好評を得たおすすめのスポットに新たなテーマ、視点をプラスして、ガイドとしても読み物としても使える一冊にまとめたのがことりっぷマガジン特別編集版です。
 このたびその第3弾として、日頃の疲れを癒す日帰りおよび1泊2日のリフレッシュ旅を提案した『ことりっぷマガジン特別編集 東京からの小さな旅』を発売することとなりました。

■主な内容
 前半は東京から行く日帰り旅を「鎌倉でしっとり自分時間」「葉山の海沿いトリップ」「川越路地裏めぐり」「高尾山で週末デイハイク」「流しそうめんを味わいに、長瀞へ」「ワインとブドウを味わう勝沼の旅」という6つの切り口でご紹介しています。
 いずれも東京近郊の著名な観光地ですが、ことりっぷらしい視点で従来のガイド情報とは一線を画す魅力、彩りが添えられ、新鮮な気持ちで旅することができる選りすぐりの特集です。




 後半は東京から行く1泊2日の旅のプランとして11のエリアを選定。「古くて新しい箱根へ」「東伊豆の花たび&熱海さんぽ」「水辺の街 三島へおでかけ」「大地の恵みに包まれる伊豆大島へ」「海と山に癒される千葉・房総の週末旅」「水と緑の薫る安曇野でハーブに癒される旅」「八ヶ岳の自然と星空の中へ」「湖畔でのんびり諏訪さんぽ」ほか軽井沢のイルミネーション、那須のチーズ、益子の器をとりあげています。
 ミニトリップコラムのコーナーでは「小さな旅のおみやげ」「小さな旅の絶景」「くだもの狩り&花名所カレンダー」を掲載。
 週末ごとに「今度はどこにでかけてリフレッシュしようかな?」という気持ちが湧いてくるような、素敵な一冊に仕上がりました。


■『ことりっぷマガジン特別編集 東京からの小さな旅』電子版について
 『ことりっぷマガジン特別編集 東京からの小さな旅』は、弊社電子ガイドブックアプリ『ことりっぷアプリ』及び弊社電子書籍取扱いの各電子書籍ストア※にて、720円(税込)にてご提供いたします。
※各電子書籍ストアでの発売は2月6日を予定しております。

■『ことりっぷ』について
 『ことりっぷ』は、働く女性が週末に行く2泊3日の小さな旅を提案したガイドブックの大人気シリーズです。2008年に創刊以来、旅好きな女性に圧倒的支持をいただき、累計発行部数は1400万部を突破。2017年1月現在、国内版65点、海外版38点、会話帖9点の計112ラインナップを展開しております。

■商品概要
【商品名】ことりっぷマガジン特別編集 東京からの小さな旅
【体裁・頁数】B5変型判(H225×W178)、本体112頁
【発売日】2017年2月6日
【定価】本体830円+税
【リリースに関する問い合わせ】
株式会社 昭文社 広報担当 竹内渉・和田史子
TEL03-3556-8271 FAX03-3556-8165
昭文社ホームページ  http://www.mapple.co.jp/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る