• トップ
  • リリース
  • 2016年3月16日(木) 東京都行政書士会新宿支部成立50周年 記念講演会 「文化のプラットホームとしての日本」 (講演者:参議院議員・行政書士の中山恭子)のご案内

プレスリリース

東京都行政書士会

2016年3月16日(木) 東京都行政書士会新宿支部成立50周年 記念講演会 「文化のプラットホームとしての日本」 (講演者:参議院議員・行政書士の中山恭子)のご案内

(DreamNews) 2017年02月01日(水)11時00分配信 DreamNews

東京都行政書士会新宿支部成立50周年事業としての講演会 行政書士でもある中山恭子先生は、現在「日本のこころを大切にする党」代表。 〜世界中の文化が輝き、溢れ、交流する「場」をめざして〜 21世紀の日本はどのような国として、この地球上に在り続けようとするのか。「文化のプラットホーム」という言葉をキーワードに掲げ、日本のとるべき道、目指すべき姿を提言します。

東京都行政書士会新宿支部は2017 年で成立50 周年を迎えます。これまでの50 年間、市民と行政の橋渡し役としての職責を果たすべく、「あなたの街の法律家」として、皆様の実生活の利便に資するよう全力で取り組んで参りました。次の50 年も、市民から頼りにされる存在であるべく一層努力してまいります。今回は、行政と市民のサポートをする行政書士が日本の文化と世界の中での日本を知るための文化講演を企画しました。
講師は参議院議員で、行政書士新宿支部会員でもある中山恭子先生です。
講演者
中山恭子(参議院議員・行政書士)
「日本のこころを大切にする党」代表。
元外交官。在ウズベキスタン特命全権大使、内閣官房
参与、国連改革欧州諸国担当大使、内閣総理大臣補佐
官(北朝鮮による拉致問題担当)、内閣府特命担当大臣
(少子化対策・男女共同参画担当)、拉致問題担当大臣、
たちあがれ日本参議院幹事長代理などを歴任。

★開催概要★
《講演内容》「文化のプラットホームとしての日本」
〜世界中の文化が輝き、溢れ、交流する「場」をめざして〜
21世紀の日本はどのような国として、この地球上に在り続けようとするのか。「文化のプラットホーム」という言葉をキーワードに掲げ、日本のとるべき道、目指すべき姿を提言します。
≪講演者≫ 参議院議員・行政書士 中山恭子
≪日程≫2017年3月16(木)
≪時間≫18:30〜20:00(受付18:00より)
≪会場≫角筈区民ホール
〒160-0023 新宿区西新宿4-33-7
    電話:03-3377-1372 FAX:03-3377-1073
≪アクセス≫京王線「初台駅」東口徒歩10分
東京メトロ副都心線・都営大江戸線
「都庁前」A5出口徒歩10分
≪参加費≫ 無料
≪お申し込み・お問い合わせ≫ 
東京都新宿区百人町1−20−3-渡辺ビル601
新宿支部研修部・唐木晴美
TEL:03−3362−4184
FAX:03-6908-7385
Email:karaki-houmu@orion.ocn.ne.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る