• トップ
  • リリース
  • 2月14日(火)「2017年IT業界はこうなる!!〜IT展望セミナー〜」(東京会場/全国配信)のご案内

プレスリリース

株式会社ナビット

2月14日(火)「2017年IT業界はこうなる!!〜IT展望セミナー〜」(東京会場/全国配信)のご案内

(DreamNews) 2017年01月18日(水)13時00分配信 DreamNews

2016年、IT業界は想像を超えるスピードで進化しました。 2017年も更なる進化が続くでことでしょう。 清水メディア戦略研究所、矢野総合研究所の2社より、 それぞれの視点で2016年を振り返り、 2017年の注目分野と展望の予測をご登壇いただきます。 一足早い戦略立案の材料として、お役立て下さい。


※本セミナーは全国対応で生放送のオンラインセミナーも対応しております。
http://www.navit-j.com/press/on_sem_info.html

1. セ ミ ナ ー の ご 案 内
 
◆第1部 CES 2017 特別レポート
  〜IoT+AI+ビックデータ時代の動向と今後の展望〜
2017年1月5〜8日までの4日間、米ラスベガス開催された世界最大規模の家庭向け
電子機器と最先端テクノロジーの国際見本市「CES 2017」は、過去最高の盛り上
がりとなりました。2017年のIT、AI、IoT、モバイル、インターネット業界の行
方を見極める上でも貴重な巨大イベントでした。今回も2万を超す新製品・サー
ビスを発表され、その年のデジタル産業の方向性を示しました。
IoTが本格化しパーソナライズ化するなかで、集積されるビッグデータを解析・
推論・予測する人工知能(AI)が重要な役割を果たすようになり、あらゆる業
界に影響を及ぼしています。
また、AI音声アシスタントのAmazon Alexaや競合テクノロジー、自動・自律走
行車、未来のコンセプトカー、デジタルコックピット、スマートホーム、ロボ
ティックス、VR/AR、ゲーミング、ドローン、AIスマートTV、スマート家電、
5G(第5世代移動通信システム)、ウエアラブル、モバイル、8K/4K/UHDTVと対応
コンテンツ配信、ハイレゾオーディオ、デジタルサイネージなど、展示は多岐
・多彩に及び、これまでになく盛況となりました。
当日は、CES 2017の報告を中心に、世界の主要企業と
先端テクノロジーおよび主要製品・サービスの動向と併せて、
過去27年間に及ぶ現地取材の実績を踏まえ、2017年の方向性を展望します。
1.CES 2017のトレンドとこれからの方向性
2.IoTのパーソナル化、AI、ビックデータの新たな動向
3.台頭する中国家電企業と市場牽引する企業の移り変わり
4.自動運転、VR/AR、ドローン、ロボット、ウェラブル、美容・ヘルスケアなど
 主要製品・サービスの動向
5.業界トップのプレゼンから見えてきた2017年の方向性


◆第2部 2017年スマートデバイス市場の見通し
情報通信産業の成熟化が進む中、IoT(InterneetofThings)に代表される
モノがネットに繋がるビジネスが本格的に立ち上がりつつあります。
これまでネット接続環境を持つ機器はスマートフォン、PCが中心でしたが、
次世代移動体通信システム5G(第5世代携帯電話)の普及によって、
自動車や住宅(メーター、家電等)など様々な機器やアクセサリが
ネット接続機能を持つ時代が到来します。
これまでウェアラブルデバイスが注目を集めてきましたが、
現在VR(ヴァーチャルリアリティ)が高い注目を集めるものの、
スマートウォッチに代表されるリストデバイスの関心は薄らぎつつあります。
本セミナーでは現在過渡期にあるIoT市場について、
携帯電話市場動向を中心に2017年の注目点を解説します。

1.2016年レビュー
 ・国内携帯電話市場(MVNO・SIMフリー市場を中心に)
 ・モバイル決済(ApplePayの開始、中国SNS系)
 ・VR市場
 ・自動車(自動運転の盛り上がり)

2.2017年の見通し
 ・国内携帯電話市場の見通し
 ・2017年のキーワード・注目点

◇◆セミナー申込はこちら◆◇
https://www.navit-j.com/blog/?p=22589

2. 講 師 紹 介

講師紹介 清水 計宏(しみず かずひろ)
有限会社清水メディア戦略研究所 代表取締役
【 経歴 】
1953年静岡県生まれ。大阪外国語大学卒業後、77年日本楽器製造株式会社
(現ヤマハ株式会社)入社。
82年同社退職後、テレコミュニケーション、コンピューター関係の専門紙、
雑誌の編集者・記者を経て、89年映像新聞社入社。
90年に映像新聞編集長、92年取締役・編集長。
2001年10月に映像新聞社退社。
同年12月に有限会社清水メディア戦略研究所を設立、代表取締役社長。
2001年12月から現在に至るまで、月例で実施しているBUSINESS HINT!セミナー
では、これをきっかけにして、毎年多数のインターネット、デジタル関連の
新規ビジネスが生まれている。
これまでの参加企業数は、コンテンツ、オンライン企業を中心に1050社を
超えた。International CESについては過去27年間、1度も欠かすことなく
取材を続けている。 
主な著書として『マルチメディアへの挑戦』(ソフトバンク刊)、
『世界のコンピュータマップ〜'93/'94'/95各年版』(ジャストシステム、共著)
『テレビのIT革命』(上巻・中巻・下巻)などがある。

講師紹介 賀川 勝
株式会社矢野経済研究所 ICT/金融ユニット 
ビジネスコミュニケーショングループ 上級研究員
【 経歴 】
2000年4月 株式会社矢野経済研究所入社
入社以降、国内及びグローバルの移動体通信業界の調査・研究活動に従事。
最近ではウェアラブルデバイス市場、エレクトロニクス関連市場の調査を
手掛ける。
◇◆セミナー申込はこちら◆◇
https://www.navit-j.com/blog/?p=22589

3. 開 催 概 要
      
 日程:2017年2月14日(火)
 時間:10:00-11:55(09:40受付開始)
 場所:東京都千代田区九段南1-5-5 Daiwa九段ビル8F
    株式会社ナビット セミナールーム
    http://www.navit-j.com/press/sem_map_kudan.html
 最寄駅:東京メトロ東西線/東京メトロ半蔵門線/都営新宿線
     九段下駅6出口より徒歩1分
     都営三田線・神保町駅A1出口より徒歩約5分
     JR飯田橋駅より徒歩約12分
 定員:25名
 参加料金:10,000円(事前登録制)
[支払方法]
・クレジットカード(事前決済)
・銀行振り込み(前払い)
・現金払い(当日持参)
主催者:株式会社ナビット 
       
◇◆セミナー申込はこちら◆◇
https://www.navit-j.com/blog/?p=22589

4.セミナープログラム

□09:40 受付開始
□10:00〜10:50
第1部 CES 2017の特徴
 〜IoT+AI+ビックデータ時代の動向と今後の展望〜
有限会社清水メディア戦略研究所 
代表取締役 清水 計宏

□10:50〜11:00 休憩
□11:00〜11:50
第2部 2017年スマートデバイス市場の見通し
株式会社矢野経済研究所 ICT/金融ユニット 
ビジネスコミュニケーショングループ
上級研究員 賀川 勝
 
□11:55 閉会
◇◆セミナー申込はこちら◆◇
https://www.navit-j.com/blog/?p=22589

※料金は消費税込みの金額です。
※受付で領収書をご用意させていただいております。
※第1部、第2部のみのご参加も可能です。
※本セミナーは招待券をご利用いただけます。
※予告なくプログラムの内容を変更させていただく場合がございます。
※競合の会社様からの申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
 予めご了承ください。
※お申込み後のキャンセルは、開催日の7日前までにお願いいたします。
 それ以降のキャンセルにつきましては、受講料金をご請求させていただきます。
※事前に出席確認のご連絡をさせていただきます。
※オンラインセミナーの方は、事前振込みとクレジット決済のみとなります。
※オンラインセミナーの方は、ネット環境が必要となります。
※オンラインセミナーは生放送のみとなります。その時間に参加できる方のみ
 お申込み下さい。
※セミナー無料招待券のご利用は、1社1枚までとさせていただきます。

【会社概要】
 ■会社名 株式会社ナビット
 ■代表者 代表取締役 福井泰代
 ■設 立 2001年1月
 ■所在地 東京都千代田区九段南1-5-5 Daiwa九段ビル8F
 ■TEL 03-5215-5713
 ■FAX 03-5215-5702
 ■URL http://www.navit-j.com/
 ■E-Mail webmaster@navit-j.com

【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 株式会社ナビット
 ■担当者 矢野
 ■TEL 03-5215-5713
 ■FAX 03-5215-5702
 ■E-Mail webmaster@navit-j.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る