• トップ
  • リリース
  • 世界最高のリニアリティ±0.018%F.S.。 コントローラレスの超高精度レーザ変位センサを発売

プレスリリース

オプテックス・エフエー株式会社

世界最高のリニアリティ±0.018%F.S.。 コントローラレスの超高精度レーザ変位センサを発売

(DreamNews) 2017年01月16日(月)14時30分配信 DreamNews

オプテックス・エフエー株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:小國勇)は2017月2月下旬、新世代の高精度レーザ変位センサ「FASTUS CDXシリーズ」を発売します。

オプテックス・エフエー株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:小國勇)は2017月2月下旬、新世代の高精度レーザ変位センサ「FASTUS CDXシリーズ」を発売します。
「CDXシリーズ」は、新開発のイメージセンサATMOSをはじめ、専用設計の受光レンズ、高剛性の独立ベースユニット構造を採用することで、従来比2.7倍以上となる世界最高※のリニアリティ±0.018%F.S.を達成しました。これにより、非接触での超高精度測定が可能となります。
センサヘッドにはEthernet通信機能を内蔵しているため、コントローラレスで直接ネットワークに接続可能です。またWEBサーバを内部に搭載することで、パソコンのWEBブラウザ上で測定値や設定内容の閲覧・制御が可能となり、専用のPCソフトウェアの必要がありません。これらにより、従来は必要だったコントローラのコストと設置スペースを削減できます。
ラインナップは、測定距離85±20mmで分解能0.1μmのミドルレンジタイプと、測定距離150±40mmで分解能0.2μmのロングレンジタイプを用意。標準価格はいずれも350,000円(税別)です。今後、ショートレンジタイプなどCDXシリーズのバリエーションをさらに拡大していきます。
これからもオプテックス・エフエーは「FASTUS(ファスタス)」ブランドの製品を拡大し、産業用センサの新しい価値を提案していきます。


※三角測量方式の拡散反射型変位センサとして。2016年12月当社調べ。なお『リニアリティ』は、「直線性」を意味し、実際の距離との誤差を表す変位センサのスペックです。測定距離85±20mmのミドルレンジ(拡散反射モード)の場合、実際の距離との測定誤差は最大±7.2μmとなります。





■主要販売先:
電気・電子部品業界、半導体業界、自動車業界、機械業界、ゴム業界など
■国内販売数目標(年)
2000台

■会社概要
商号 :オプテックス・エフエー株式会社
所在地 :京都市下京区中堂寺粟田町91京都リサーチパーク9号館
設立 :2002年1月7日
代表取締役 :小國 勇
資本金 :385,007千円(2016年12月1日)
事業内容   :ファクトリー・オートメーション用光電センサ関連機器、装置の企画開
発・製造・販売等
売上高 :56億50百万円(2015年12月期)
従業員数   :197名(連結)(2015年12月31日現在)

【本件に関するお問合せ先】
オプテックス・エフエー株式会社
販売促進室 石谷 高宏(E-mail: fa@optex-fa.com)
〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町91京都リサーチパーク9号館
TEL: 075-325-2922 FAX: 075-325-2921
URL:http://www.optex-fa.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る