• トップ
  • リリース
  • ガルーシャ(エイ革)の財布が、新宿伊勢丹本館1階 財布売場に登場します。

プレスリリース

有限会社スタイルコム

ガルーシャ(エイ革)の財布が、新宿伊勢丹本館1階 財布売場に登場します。

(DreamNews) 2017年01月17日(火)09時00分配信 DreamNews

革製品の製造・販売をしている有限会社スタイルコム(本社:東京都台東区 代表取締役社長:谷本貴義)は、2017年2月1日(水)から2月7日(火)まで、新宿伊勢丹本館1階、婦人雑貨:財布売場にて、ガルーシャ(エイ革)専門ブランド「BAHARI(バハリ)」の財布等の販売を致します。

革製品の製造・販売をしている有限会社スタイルコム(本社:東京都台東区 代表取締役社長:谷本貴義)は、2017年2月1日(水)から2月7日(火)まで、新宿伊勢丹本館1階、婦人雑貨:財布売場にて、ガルーシャ(エイ革)専門ブランド「BAHARI(バハリ)」の財布等の販売を致します。
「BAHARI」は、「海の解放感」をテーマにしたオリジナルブランド。エイ革の背中部分には、≪第三の目≫と呼ばれる突起があり、古くからスターマーク(天眼・神の目)と崇められ、縁起の良い革として珍重されている。
主力の長財布(定価3万8千円+税〜)は20種類以上と豊富に取り揃え、中でも斬新な加工方法で作られたユニオンジャック柄や麻の葉柄などは、BAHARI独自のユニークなモデルだ。流行に敏感で感度の高い商品を好む新宿伊勢丹の顧客に合った斬新なアイテムで売場に華を添える。


ガルーシャ(エイ革)は、1000年以上も前から刀の柄や鞘に使われてきた。「天眼・神の眼」だけでなく、「魔除け」や「心の浄化」として武士や貴族も好んで使っていた革だが、加工が難しく革製品としての流通は少ない。希少性が高いので、感度の高い層に人気のアイテムだ。防汚性、防水性もあり、傷もつきにくく、「牛は30年、エイは100年」と言われほどの耐久性が特徴だ。高級ブランドでも使われる素材を、ここまで専門とした国内ガルーシャブランドは滅多にない。代表取締役でデザイナーでもある谷本氏は、今までメンズライクな素材であったモノを、斬新な加工方法とアイデアでウィメンズでも使えるデザインを開発。ガルーシャの歴史や素材を研究し、新たな土俵を創造しながら、武士の魂とも言われる素晴らしい素材を日本に浸透させたいと活動している。
また、幻のエイ革と呼ばれる梅花皮(カイラギ)は、エイ革の中でもすこぶる高価なモノであったため、重要文化財の刀や献上品用の刀に使われていた。その風貌は、まるで満天の星をちりばめたような美しさである。梅花皮の財布は、日本では第一人者であり、現在では新宿伊勢丹メンズ館8階:サロンドシマジにのみに卸をしている。
今後も有限会社スタイルコムは、ガルーシャを使った革製品を積極的に製造・販売し、武士の魂を伝えて参ります。
【開催概要】
名称:『新宿伊勢丹本館1階:婦人雑貨:財布売場』ガルーシャ(エイ革)販売イベント
日時:2017年2月1日(水)から2017年2月10日(火)まで
会場:新宿伊勢丹本館1階 婦人雑貨:財布売場
主催:株式会社三越伊勢丹
BAHARI ホームページ : http://www.bahari.jp  「検索:バハリ」
【代表取締役:谷本貴義について】
有限会社スタイルコム 代表取締役。東京都出身。大学卒業後、大手製造メーカー、大手コンサルティング会社を経て独立。2008年に(有)スタイルコム設立。海外の革職人や製造工場のネットワークを構築しつつ、自ら革職人となり、「製造業」を「創造業」にする為に活動を続ける。「革業界の異端児」とも呼ばれている。
【会社概要】
会社名:有限会社スタイルコム
代表者:代表取締役 谷本貴義
所在地:東京都台東区元浅草1-3-8、1F
TEL:03-5830-3121
FAX:03-5830-3122
URL:http://www.bahari.jp
E-Mail:info@bahari.jp
事業内容: 革製品の企画・製造・卸・販売
【本件に関するお問い合わせ】
会社名:有限会社スタイルコム
担当者:谷本貴義
TEL:03-5830-3121
FAX:03-5830-3122
E-Mail:info@bahari.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る