• トップ
  • リリース
  • ボルグワーナー、電気自動車市場向けに 初の統合電動ドライブモジュールを販売開始

プレスリリース

ボルグワーナー、電気自動車市場向けに 初の統合電動ドライブモジュールを販売開始

(DreamNews) 2017年01月16日(月)10時00分配信 DreamNews

ボルグワーナーは、同社製品の高効率トランスミッション「eGearDrive(R)」を統合した電動ドライブモジュール(以下eDM)の販売を開始することを発表します。本製品は、中国の主要自動車メーカーが2017年夏に生産を開始する電気自動車2車種に採用される予定です。

2017年1月16日
本プレスリリースは、2016年11月16日にアメリカ合衆国で発表された英文リリースの抄訳版です。

 ボルグワーナー(本社:アメリカ合衆国ミシガン州アーバンヒルズ、社長兼最高経営責任者:ジェームズ・ベリアー/James Verrier) は、同社製品の高効率トランスミッション「eGearDrive(R)」を統合した電動ドライブモジュール(以下eDM)の販売を開始することを発表します。本製品は、中国の主要自動車メーカーが2017年夏に生産を開始する電気自動車2車種に採用される予定です。
 
 ボルグワーナーのeDMは、電気自動車またはP4タイプのハイブリッド車向けに一次駆動または二次駆動を供給します。電気モーターとトランスミッションの統合設計により、軽量化、コストとスペースの削減、搭載工程の簡便化を実現しました。各自動車メーカーが求める駆動特性に基づいた、さまざまなギア比に本製品の性能が最適化されるため、完全にカスタマイズされた製品の提供が可能となります。本製品の特長は、ボルグワーナーの電気モーターHVH 250では、特許取得済みの高電圧ヘアピン(HVH)技術と、オプションのパワーエレクトロニクスを搭載することで、95%を超える高効率を発揮する点です。また、トランスミッション製品のeGearDrive(R)では、高効率なギアトレインと軽量かつコンパクトな設計により、バッテリー駆動の走行距離を伸ばすことが可能になったことで、バッテリー容量を削減できるほか、電動パーキングブレーキシステムも利用できます。

 ボルグワーナーの総合的な製品ポートフォリオには、eBooster(R)電動コンプレッサー、車内暖房、補助冷却ポンプなど、ハイブリッド車および電気自動車向けの先進技術が多く含まれており、これら全ての技術が、世界中の自動車メーカーによるクリーンで効率的な自動車の設計を支援します。

 自動車の電動化技術やトルクコントロール製品などを展開するボルグワーナーのグループ会社、ボルグワーナー・パワードライブシステムズの社長兼事業本部長のステファン・デメール博士(Dr. Stefan Demmerle)は、「ボルグワーナーの新しいeDMは、2009年に発売した当社のeGearDrive(R)のノウハウと、2015年に買収したREMY社から新たに取得した電気モーター技術の専門知識を組み合わせています。この、世界的にも先進的な統合駆動ソリューションを最初に搭載する製品は、中国で現地生産する予定です。」と述べています。


ボルグワーナーについて
ボルグワーナー(NYSE: BWA)は、自動車の内燃機関、ハイブリッド車、電気自動車向けのクリーンで効率的な技術ソリューションを提供するグローバルなリーディングカンパニーです。世界17カ国65カ所に生産・技術拠点を置き、全世界でおよそ27,000人の従業員を擁しています。詳細については、borgwarner.comをご覧ください。


<報道に関するお問い合わせ>
ボルグワーナー広報事務局 後藤、副島、山本
TEL:03-3571-5326 FAX:03-3574-0316 
E-mail:borgwarner-pr@kyodo-pr.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る