• トップ
  • リリース
  • 製造ライン向けバーコード対応Flash書き込みツールの販売開始

プレスリリース

ポジティブワン株式会社

製造ライン向けバーコード対応Flash書き込みツールの販売開始

(DreamNews) 2017年02月21日(火)17時30分配信 DreamNews

2017年2月21日、ポジティブワンは、製造ラインでプログラムをフラッシュに書き込むとき、バーコードを利用することによって、自動的に書き込むプログラムを選定し、書き込みが開始できるソリューション製品を販売いたします。

自動車の電子制御機能は、ECU(Electronic Control Unit:電子制御ユニット)、車体(シャーシ)、車両(ボディ)、インフォテインメント、予防安全、EV(電気自動車)などさまざまな用途に使われており、そのなかで電子制御を伴うマイコンは、50〜100程度組み込まれております。開発したプログラムをマイコンのフラッシュに書き込み方法は、人的な作業で行われることが多いです。そのため、製造ラインでは、効率化と”ヒューマン・エラー”への対処が求めらえています。

ポジティブワンでは、インサーキットエミュレータツールの老舗 P&E Microcomputer Systems(本社;米国・マサチューセッツ州)の製品の日本総販売元として、製品の販売及びサポート、P&E製品を使った製造ラインのコンサルティングおよび受託開発を10年以上行っており、このたび、バーコードを使った製造ライン向けソリューションの販売を開始いたします。

あらかじめ製品にバーコードを振り分けておき、スキャンによって ARM Cortexデバイス全般、 NXP Kinetis, LPC, S32, Qorivva (MPC5xxx), MPC5xx/8xx, DSC, S12Z, RS08, S08, HC08, HC(S)12(X), Coldfireのマイコンのフラッシュプログラミングイメージを自動的に選択して、書き込み準備をし、書き込みが可能です。特に、自動車のようにさまざまな製品構成がある場合、製品のプログラミングの速度と精度が向上します。バーコードスキャンで開始することで、煩雑さをなくし、ヒューマン・エラーの影響を受けにくくなり、精度を向上させます。

書き込みツール本体CYCLONE FXは、CycloneのホストUSBポート経由で接続されたバーコードスキャナを使用してプログラミングを開始することができます。バーコードがスキャンされると、Cycloneはバーコードに基づいて特定のプログラミングイメージを自動的に選択し、ターゲットにプログラミングをします。これによって効率的な製造プロセスが可能となります。

製造プロセスの一部として、バーコード自体をオプションでターゲットデバイスのメモリにプログラムすることが可能ですし、バーコードがデバイスに提供する情報は、製品のトレース、製品ハードウェアのバージョンの追跡、または連続生産する方法を容易にすることができます。これにより、より効率的有効的な製造プロセスが実現できます。

【製品の問い合わせ】
・ POC-Cyclone FX

オプション
・ Cyclone_PowerPack(バッテリ)
・ 26-pin Synchronous ColdFire Ribbon Cable Adapter (ColdFireマイコン向け)
・ Windows自動プログラム開発DLLアプリケーション(CYCLONE_CTRL_ENT)
・ バーコード機器

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL http://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る