• トップ
  • リリース
  • 平成28 年度 京都丹後鉄道 年末年始の利用状況について (2016年12月28日(木)〜2017年1月5日(木):9日間)

プレスリリース

WILLER ALLIANCE株式会社

平成28 年度 京都丹後鉄道 年末年始の利用状況について (2016年12月28日(木)〜2017年1月5日(木):9日間)

(DreamNews) 2017年01月11日(水)11時00分配信 DreamNews

平成28 年度 京都丹後鉄道 年末年始の利用状況について (2016年12月28日(木)〜2017年1月5日(木):9日間) 本年の年末年始の旅客輸送実績をまとめましたので、お知らせします。

平成29年1月11日
WILLER TRAINS株式会社

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成28 年度 京都丹後鉄道 年末年始の利用状況について
(2016年12月28日(木)〜2017年1月5日(木):9日間)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本年の年末年始の旅客輸送実績をまとめましたので、お知らせします。

1、概 況
年末年始期間:平成28年12月28日(水)〜平成29年1月5日(木)
*昨年度:平成27年12月28日(月)〜平成28年1月5日(火)の同日比較

・期間中の乗車人員は、特急列車では対前年比96.8%、普通列車では、対前年比104.6%、全体の利用では、45千人(対前年比 101.6%)と前年を上回りました。
・帰省期間(12/28-12/31)は、特急列車では対前年比91.2%(7千人)、普通列車では対前年比 103.3%(13千人)でした。
・Uターン期間(1/1-1/5)は、特急列車では対前年比101.5%(9千人)、普通列車では対前年比 105.7%(15千人)でした。
・乗車人員が増加した要因としては、年末・年始も好天に恵まれ、初詣等の利用が増えたことや、大きな輸送障害等もなかったことが考えられます。

※乗車人員の多かった特急列車
《下り列車》 ・12/31 「はしだて5号」 117.5 %   ・12/29 「はしだて5号」 116.0%
《上り列車》 ・1/ 2  「はしだて2号」 128.5 %   ・1/3   「はしだて2号」 125.0%


2、乗車人員
≪年末年始期間(12/28〜1/5)≫ (単位:人・%)
※乗車人員(  )は前年度実績

特急列車 乗車人員 34,574 (36,983)  前年比 93.5%
普通列車 乗車人員 105,189(104,938) 前年比 100.2%
合 計  乗車人員 139,763(141,921) 前年比 98.5%

(備考)乗車人員は、全列車の乗車人員の集計

3、「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」の乗車人員
観光列車「丹後あかまつ号」・「丹後あおまつ号」は、期間計2,206人のご利用をいただき、丹後の魅力を堪能していただきました。


ウィラーグループは、「移動で世界を元気にする企業」をビジョンとし、すべてのお客様がいつでも安心して、快適に利用できる移動サービスを提供します。いつでも新しいことに挑戦し続け、移動にイノベーションを起こし、世界を元気にする「移動産業」を創造いたします。


WILLER TRAINS株式会社はWILLER ALLIANCE株式会社(http://www.willer.co.jp)のグループ会社です。
この件に関する問い合わせ先:WILLER ALLIANCE株式会社 広報 TEL06-6123-7250

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る