• トップ
  • リリース
  • 神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所 バリ島の影絵人形芝居「パンダワの奴らは何処へ消えた?-ウィラタ国に身をひそめるパンダワ五兄弟の物語-」開催のお知らせ

プレスリリース

学校法人谷岡学園

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所 バリ島の影絵人形芝居「パンダワの奴らは何処へ消えた?-ウィラタ国に身をひそめるパンダワ五兄弟の物語-」開催のお知らせ

(DreamNews) 2017年01月11日(水)11時00分配信 DreamNews

アジアンデザイン研究所(所長:杉浦康平)において、バリ島の影絵人形芝居「パンダワの奴らは何処へ消えた?-ウィラタ国に身をひそめるパンダワ五兄弟の物語-」の公演を開催いたします。(入場無料、事前申込制)

学校法人谷岡学園 神戸芸術工科大学(神戸市西区、学長:齊木崇人)アジアンデザイン研究所(所長:杉浦康平)において、バリ島の影絵人形芝居「パンダワの奴らは何処へ消えた?-ウィラタ国に身をひそめるパンダワ五兄弟の物語-」の公演を開催いたします。コラワ一族のいかさま賭博に負けたパンダワ五兄弟(ユディスティラ、ビマ、アルジュナ、ナクラ、サハデワ)とその妻ドゥルパディの13年に及ぶ物語を、ワヤン・トゥンジュク梅田一座が上演いたします。
アジアンデザイン研究所では、アジアの人びとが育んだ「人間観、自然観、宇宙観のひろがり」を解き明かす研究を進めてきました。「21世紀は、アジアの時代」だと言われています。さまざまなアジアンデザインの研究の中で、アジア各地に見られる山車文化に関する研究も行ってきましたが、2016年12月に山・鉾・屋台行事が無形文化遺産に登録されることが決定しました。
アジアでは、自然と人間が濃密にかかわりあい、現代社会が消し去った、眼に見えない不思議世界が今なお息づいています。本上演を通じてアジア古来の思想をこの影絵芝居で蘇らせ、アジアの叡智と感性を体験していただければと思います。

日 時:2017年1月28日(土)14:00開場 14:30開演
会 場:神戸芸術工科大学 クリエイティブセンター2F
   〒651-2196 神戸市西区学園西町8-1-1
出 演:ワヤン・トゥンジュク梅田一座
参加料:入場無料(事前申込制)
お申込み・お問合せ:
神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所
E-mail:riad@kobe-du.ac.jp/FAX:078-796-2559
お申込み方法:
E-mailもしくはFAXにて、氏名、電話番号、メールアドレスを添えてお申込みください。

【ニュースリリース担当部署】
学校法人 谷岡学園
神戸芸術工科大学 広報入試課
〒651-2196 神戸市西区学園西町8-1-1
TEL:078-794-5039
FAX:078-794-5027
URL:http://www.kobe-du.ac.jp/
担当:竹内 香織(タケウチ カオリ)、平田 達也(ヒラタ タツヤ)


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る