• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所マーケットレポート】「2016-2017年版 自動車用加飾フィルム市場の展望と戦略」を発刊いたしました

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所マーケットレポート】「2016-2017年版 自動車用加飾フィルム市場の展望と戦略」を発刊いたしました

(DreamNews) 2017年01月26日(木)09時30分配信 DreamNews

矢野経済研究所では、下記の要領にて「2016-2017年版 自動車用加飾フィルム市場の展望と戦略」を発刊いたしました。

自動車の外装及び内装加飾には、これまで長きにわたり塗装や金属メッキが使用されてきましたが、近年の車体の軽量化や製造ラインでの工数削減の中で、塗装レス・メッキレス加飾の可能性が注目されています。
一方、自動車メーカーサイドからは、特に外装部品の加飾について、これまでの設備投資の問題もあり、単に意匠性を追求した塗装代替・メッキ代替というだけでのフィルム加飾の採用は難しいとの声も聞かれます。

発刊日: 2016/12/29
体裁: A4 / 136頁
書籍 定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円)

■本資料のポイント
・意匠の先にあるニーズをつかみ、加飾フィルム採用のバリューを訴求せよ
・塗装・メッキに無い付加価値の提案を!問われる情報発信力
・情報発信と業界研究で新規提案・参入のチャンスをつかめ
・内装用加飾フィルム:多彩なデザイン表現のニーズが強まる
・外装用加飾フィルム:媒塗装レス媒の気運は確実に高まる方向へ
・加飾フィルム原反:PMMA、PCなど既存材料に加え、金属調光沢PET、自動車部材のオールPP化を狙う透明PPフィルム、ウレタンフィルムなど新規材料の市場投入が活発化


⇒詳細内容・お申し込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/C58117800

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る