• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所マーケットレポート】「調剤薬局の実態と展望 2016〜2017年版」を発刊いたしました

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所マーケットレポート】「調剤薬局の実態と展望 2016〜2017年版」を発刊いたしました

(DreamNews) 2017年01月23日(月)09時30分配信 DreamNews

矢野経済研究所では、下記の要領にて「調剤薬局の実態と展望 2016〜2017年版」を発刊いたしました。

本調査レポートでは、医薬分業率が70%に到達し、処方箋枚数、調剤金額とも伸び率の鈍化傾向が顕著となり、成熟期に突入した調剤薬局市場の拡大要因と方向性を展望します。また、調剤報酬改定に伴い収益確保に苦戦する主要調剤薬局各社の出店戦略、店舗運営状況、薬剤師の採用状況、調剤以外の事業展開などを探ります。

発刊日: 2016/12/28
体裁: A4 / 439頁
書籍 定価 129,600円(本体 120,000円 消費税 9,600円)

■本資料のポイント
・調剤薬局市場は、医薬分業率が70%に到達し、かかりつけ薬剤師指導料の新設など量的拡大から質的拡大への大きな転換期を迎える。
・調剤報酬改定を引き金に、業態を越えた本格的な業界再編の可能性も
・現時点でメリットは少ないが、本来機能の観点から積極的な対応が求められる健康サポート薬局
・経営環境が悪化する中、後継者問題と薬剤師不足を背景に、M&Aが加速化の方向へ
・医療費抑制策の強化で、潜在需要縮小の可能性も


⇒詳細内容・お申し込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/C58116900

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る