• トップ
  • リリース
  • 株式会社モニタス、「2016年の幸せに関する調査」を実施。超ハッピー世代は10代・20代の若年層?世代別にみる2016年の幸せ度とそのエピソードを公開!

プレスリリース

株式会社モニタス

株式会社モニタス、「2016年の幸せに関する調査」を実施。超ハッピー世代は10代・20代の若年層?世代別にみる2016年の幸せ度とそのエピソードを公開!

(DreamNews) 2016年12月29日(木)12時00分配信 DreamNews

株式会社モニタス(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 秀紀)は、全国10代〜60代男女1034名を対象に、「2016年の幸せに関する調査」を実施しました。 今回は、年代別のハッピー度や、2016年の幸不幸にまつわるエピソードについて、調査結果の一部をピックアップし、ご報告いたします。

株式会社モニタス(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 秀紀)は、全国10代〜60代男女1034名を対象に、「2016年の幸せに関する調査」を実施しました。
今回は、年代別のハッピー度や、2016年の幸不幸にまつわるエピソードについて、調査結果の一部をピックアップし、ご報告いたします。

結果詳細URL: https://timespot.net/articles/BvLve

<調査結果の掲載について>
調査結果の詳細は、モニタスが運営する「タイムスポット(timespot.net)」に掲載しています。
「タイムスポット」では、「過去」・「現在」・「未来」のトレンド情報をリサーチし、 ”時間”を軸として、“世代間ギャップ”や“過去との比較”など、様々な手法で取得したデータをベースとしたコンテンツを定期的に発信しています。



◆ 今年のハッピーだと感じた人は、全体で7割!これに対しアンハッピーは3割


今年の幸せ度は全体で72.4%。これに対し不幸せ度は27.6%。
全体的に「今年1年は幸せに過ごせた」と感じている人が多かったようです。

年代別に見てみると、「幸せ度」が高かったのは、10代が80.3%、20代が78.3%。そして、60代が79.7%と、幸せ度が高い傾向にありました。
また、特に10代、20代は「とても幸せだった」と答えた人が、全体の2割前後と、ほかの年代に比べて、高いという結果に。

一方で、ほかの年代よりも相対的に「幸せ度」が低かったのが、30代(67.2%)と40代(66.5%)、50代(68.8%)でした。

仕事でも責任が重くなったり、結婚・出産・子育てなどの負担が大きくなる世代だからこそ、困難が多いと感じたのかもしれません。

では、どんなことに「幸せ」を感じられていたのでしょうか?
次に、特に「幸せ度」が高かった10〜20代の回答から、具体的にどんなことにみんなが「幸せ」を感じたのかを、調査してみました。


◆ 10代・20代に共通している幸せは「恋愛」絡み!また、20代は仕事での幸せもあり

では、まず10代の回答から見ていきましょう!

10代の回答で「幸せを感じた」で多かったのは、恋愛がらみの出来事。
特徴的だったのは、男性は「彼女ができたこと」(男性10代)、「告って成功した」(男性10代)など、恋愛が成就したこと自体を喜ぶ声が多かったのに対して、「今の彼氏と付き合って一緒に帰る時に幸せを感じる」(女性10代)、「好きな人といるときが幸せ」(女性10代)など、日々の彼氏との時間そのものに幸せを感じていたようでした。

また、「文化祭で優勝」(男性10代)、「部活で試合に勝った時」(男性10代)、「部活を楽しく終われたこと」(女性10代)など、学校の行事での良い思い出を上げる人も多く、10代ならではの青春を謳歌している姿が見られました。

続いて多かったのが、「第一志望校に合格できたこと」(男性10代)、「希望の大学に入学できたこと」(女性10代)など、受験がらみの出来事。人生最初の難関ともいえる障壁を、見事勝ち抜いた達成感に、幸福を感じる人も多かったようです。

そして、続いては20代です。

20代になると、学校を出て社会人になる人が増えるせいか、10代では見られなかった「仕事で幸せを感じる」という人が急増。
「仕事を任されて、それが無事終わった事」(男性20代)、「職場で自分の居場所ができたこと」(男性20代)、「仕事の成果をあげたこと」(女性20代)、「仕事が波に乗り出した」(女性20代)など、始めたばかりの仕事にやりがいを感じたり、手ごたえを感じた際に幸せだと思うという声が聴かれました。

また、恋愛がらみのコメントも多め。ただ、こちらは「プロポーズをした時」(男性20代)、「好きな彼にプロポーズされ入籍したこと」(女性20代)、「結婚、出産した」(女性20代)といった、大きなライフイベントを経験し、それに対して喜ぶ声も多かったです。

10〜20代は、何かとイベントが多いからこそ、新鮮で刺激も多いもの。それゆえ、「幸せ」を感じる人が多かったのかもしれません。ただ、特別なライフイベントがなかったとしても、「日々友達と一緒に楽しく過ごしていることに、幸せを感じる」(女性10代)、「友達や職場の人達と飲み会や旅行に行ったり、人間関係において何不自由なく生活できたこと」(女性20代)など、いまある平和な日々に幸せを感じている人もいたようでした。



【2016年末に関する調査 調査概要】
  調査方法:インターネットリサーチ
  調査対象者:全国15歳以上男女(モニタス 「モニターズ」モニター)※中学生は除外
  有効回答数:1,034名
  ▽サンプル構成
  総務省統計局の人口構成比率に合わせ割り当て
  調査時期:2016年11月28日(月)〜2016年11月30日(水)

  結果詳細URL: https://timespot.net/articles/BvLve


◇本件に関するお問い合わせ先◇
株式会社モニタス 広報担当:古賀・久米
TEL:03-5776-2821 / FAX:03-5776-2822
E-mail:timespot@monitas.co.jp
※データを転載・引用する場合は、株式会社モニタスが実施した調査であることを明記してください。




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る