• トップ
  • リリース
  • 株式会社モニタス「2016年 年末に関する調査」を実施。「紅白歌合戦」を楽しみにしている人ほど、まさかの〇○!? 鏡餅やしめ縄飾りの準備は定番になっていない? などなど、意外な結果を大公開!

プレスリリース

株式会社モニタス

株式会社モニタス「2016年 年末に関する調査」を実施。「紅白歌合戦」を楽しみにしている人ほど、まさかの〇○!? 鏡餅やしめ縄飾りの準備は定番になっていない? などなど、意外な結果を大公開!

(DreamNews) 2016年12月29日(木)12時00分配信 DreamNews

株式会社モニタス(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 秀紀)は、全国10代〜60代男女1034名を対象に、「2016年 年末に関する調査」を実施しました。 今回は、年末の恒例行事や定番行動の実践状況や、今年、特に話題になった「紅白歌合戦」にまつわる回答結果について、ご報告いたします。

株式会社モニタス(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 秀紀)は、全国10代〜60代男女1034名を対象に、「2016年末に関する調査」を実施しました。
今回は、年末の恒例行事や定番行動の実践状況や、今年、特に話題になった「紅白歌合戦」にまつわる回答結果について、ご報告いたします。

結果詳細URL:https://timespot.net/articles/Hqe0F

<調査結果の掲載について>
調査結果の詳細は、モニタスが運営する「タイムスポット(timespot.net)」に掲載しています。
「タイムスポット」では、「過去」・「現在」・「未来」のトレンド情報をリサーチし、 ”時間”を軸として、“世代間ギャップ”や“過去との比較”など、様々な手法で取得したデータをベースとしたコンテンツを定期的に発信しています。


◆ 意外にやっていない人が多い? 年末年始の恒例準備を年代別に見る


まず、今年も行う年末恒例の予定の一部をピックアップして紹介します。特徴的だったのが、「伝統的な正月」に対する行動予定です。伝統的な正月を迎える上での鉄板行事だと思っていた「しめ縄飾り」や「鏡餅を飾る」は実施率が意外に低く、「しめ縄飾り」で16.7%、「鏡餅を飾る」で23.4%という結果となりました。
特に、30代以下はあまり意識している人がいない様子。たとえば、正月の風物詩のひとつである「しめ縄飾り」は30代で9.7%、20代にいたっては5.3%でした。
これに対し、50代・60代は、両世代とも26.9%を占めるなど、その差は歴然。
若い世代の間で伝統行事への関心事が薄れているのか、はたまた文化の引継ぎがあまりうまくいっていないのか、気になるところです。

そして、年末恒例行事といえば、「紅白歌合戦」のイメージも強いですが、「紅白歌合戦を見る」と答えた人が28.1%なのに対して、「年末恒例の特番(テレビ)を見る(※紅白歌合戦以外)」という人は35.9%。
年末のテレビ番組といっても、誰もが紅白を観るというわけではなさそうです。

ちなみに「紅白を観る」と答えた人の年代別の内訳を見てみると、意外と多いのが10代(36.6%)。一番紅白を観ていそうな60代(31.1%)を上回る割合でした。
では、全体で「紅白歌合戦を楽しみにしている」という人は、どのくらいいるのでしょうか?


◆ 「紅白=年配の人向け」という考えは間違い!10〜20代のほうが楽しみにしている傾向に


毎年30〜40%の視聴率を獲得する紅白歌合戦ですが、「今年の紅白は楽しみですか?」という質問に対し、「楽しみだ」と答えた人は29.2%。一方、「楽しみではない」という人は70.8%という結果になりました。

なお、やはりこちらでも「楽しみにしている」と答えた人の割合が多かったのが10〜20代。これに対して、年齢が上がるにつれて、「紅白は楽しみではない」と答えた人の割合が上がっていく傾向にあるようで、50〜60代に至っては8割近くが「楽しみではない」と回答。

紅白は演歌やベテラン歌手など多く、若い人にはあまり刺さらないのでは……と思ってしまうところですが、今年はSMAPの出演や和田アキ子の連続出場ストップをはじめとする出演者の入れ替えなど、なにかと話題の多かったせいか、若い人の関心を引いたのかもしれません。

そして、最後におまけとして、「紅白」という年末行事を楽しみにしている人と楽しみにしてない人との幸せ度合いを比べてみました。


◆ 紅白を楽しみにしている人は、楽しみにしてない人より幸福度が10ポイント以上高い!


「紅白が楽しみである」と答えた人の今年1年の全体の幸福度は80.8%。対して、「楽しみではない」と答えた人は69.0%。
今年の紅白歌合戦を楽しみにしている人ほうが、この1年間の幸福度は高くなるという結果に。

「紅白が楽しみだ」と答えた人の幸福度が高いのは、「大好きなアーティストの晴れ姿を見られるからうれしい」「音楽が好きなので、年末にトップスターが集結する姿を見られるのがうれしい」など、様々な理由があるにせよ、何か自分の興味の持てることが将来に控えていれば、人間は幸せになれる生き物なのかもしれません。



【2016年末に関する調査 調査概要】
  調査方法:インターネットリサーチ
  調査対象者:全国15歳以上男女(モニタス 「モニターズ」モニター)※中学生は除外
  有効回答数:1,034名
  ▽サンプル構成
  総務省統計局の人口構成比率に合わせ割り当て
  調査時期:2016年11月28日(月)〜2016年11月30日(水)

  結果詳細URL: https://timespot.net/articles/Hqe0F


◇本件に関するお問い合わせ先◇
株式会社モニタス 広報担当:古賀・久米
TEL:03-5776-2821 / FAX:03-5776-2822
E-mail:timespot@monitas.co.jp
※データを転載・引用する場合は、株式会社モニタスが実施した調査であることを明記してください。





推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る