• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所調査結果サマリー】自動運転システムの世界市場に関する調査を実施(2016年)−2030年にレベル3の自動運転システムの搭載台数が1,700万台に拡大−

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所調査結果サマリー】自動運転システムの世界市場に関する調査を実施(2016年)−2030年にレベル3の自動運転システムの搭載台数が1,700万台に拡大−

(DreamNews) 2016年12月26日(月)14時00分配信 DreamNews

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて自動運転システムの世界市場について調査を実施いたしました。

1.調査期間:2016年9月〜11月
2. 調査対象:自動車メーカ、カーエレクトロニクスメーカ、半導体メーカ、地図メーカ等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2016年12月8日

<自動運転システムとは>
自動運転システムはNHTSA(米国運輸省高速道路交通安全局)が自動化のレベルを0〜4までの5段階で分類している。レベル1は運転支援機能であり、現在普及の進んでいるADAS(先進運転支援システム)が該当する。車両の周辺の状況をセンサが検知し、衝突事故を回避する自動ブレーキ(AEB)、前方車両に追従するオートクルーズコントロール(ACC)などがある。レベル2は部分的な自動化であり、操舵や加減速のうち複数の運転支援を実行し、他の動的運転作業はドライバーが行う。レベル3は条件付自動化であり、自動運転システムが全ての動的運転作業を実施し、緊急時においてはドライバーが介入する。レベル4については完全自動運転としており、自動運転システムが全ての動的運転作業を実施し、ドライバーはいかなる状況においても運転作業に関与しない。なお、市場規模は新車における乗用車および車両重量3.5t以下の商用車に搭載される自動運転システムの搭載台数ベースで算出している。

◆2020年以降にレベル2の自動運転システムは本格的な普及拡大、2025年の世界搭載台数は2,381万2,000台に達すると予測
◆高速道路を中心としたレベル3の自動運転システムは2020年から2021年にかけ搭載開始、2025年の世界搭載台数は626万7,100台に拡大すると予測
◆2030年における自動運転システムの世界搭載台数は、レベル2が2,798万台、レベル3が1,786万7,000台、レベル4が224万4,400台に達すると予測

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。

■プレスリリース
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001633
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る