• トップ
  • リリース
  • 丸善食品工業が売上、仕入、在庫、生産、原価のデータを分析・集計し 経営層から営業部門、工場までタイムリーに閲覧できるデータ基盤を構築

プレスリリース

ウイングアーク1st株式会社

丸善食品工業が売上、仕入、在庫、生産、原価のデータを分析・集計し 経営層から営業部門、工場までタイムリーに閲覧できるデータ基盤を構築

(DreamNews) 2016年12月20日(火)11時00分配信 DreamNews

ウイングアーク1st株式会社は、丸善食品工業株式会社(本社:東京都板橋区)が、ERPに集約される売り上げ、仕入、在庫、生産、原価などのデータを分析・集計するためのBI基盤として「Dr.Sum EA」および「MotionBoard」を採用したことを本日お知らせします。経営層から営業部門、工場の管理職、担当者にいたるまで全社横断型の情報をタイムリーに確認し、素早い判断を行える環境が実現しました。

ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:内野 弘幸)は、丸善食品工業株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:春日 靖史、以下、丸善食品工業)が、ERPに集約される売り上げ、仕入、在庫、生産、原価などのデータを分析・集計するためのBI基盤として「Dr.Sum EA」および「MotionBoard」を採用したことを本日お知らせします。経営層から営業部門、工場の管理職、担当者にいたるまで全社横断型の情報をタイムリーに確認し、素早い判断を行える環境が実現しました。

【丸善食品工業について】
丸善食品工業は、スープやエキスなどの天然調味料製造において、プロ料理人の味を支える“味力”を追求し「業界で知らない者はいない」というポジションを確立しています。約800種類を超える調味料製造において、天然素材へのこだわりや、健康に配慮した安全性の高い製品の研究開発、さらに高度な製造技術を駆使したおいしさを追求し続け、近年は、国内のみならずアジアまで商圏が拡大しています。

【導入の背景と効果】
丸善食品工業では、データ活用を段階的に整備し推進しています。

<ステップ1:販売管理データの見える化>
基幹業務の刷新に伴い、属人化していた業務プロセスを標準化するためにERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」※1を導入しました。「スーパーカクテルデュオFOODs」は、賞味期限の管理を必要とする業務プロセスに特化した機能を活用し、販売管理業務の効率化に成功しました。そして、基幹業務システムに蓄積されたデータを分析・集計するためのツールとして、「Dr.Sum EA」を採用しました。ユーザーが使い慣れているExcelインターフェイスでデータ分析・収集が行える点が決め手となり、全社統一の“物差し”で予実管理や経営の迅速な意思決定を行える環境を整えました。

<ステップ2:経営層・管理部門への展開>
さらに、BIツールのデータ(経営層や管理部門の指標の推移や売れ筋商品のトレンドなど)をウェブサイトでどこでも誰でも確認しやすく大局的なデータを俯瞰して分析するツールとして、「MotionBoard」を採用しました。
ビジュアルが豊かなダッシュボードのもとで全社的なガバナンスを効かせながら、より広範なデータ提供が可能となったほか、営業担当者も営業所別の予算の進捗状況の確認や自分以外の営業担当者と成績を比較することが容易になりました。

<ステップ3:生産管理・原価管理の統合>
基幹業務のすべてのプロセスを同じERPに統合。販売管理と生産管理で二重登録されているマスターを統合し、人件費や原材料の相場変動を正確にシステムに反映し、食品業界標準の原価管理方法に移行しました。売り上げ、仕入、在庫、原価のあらゆるデータがERPに一元化されることで、営業部門から工場まで横串で貫いたデータ分析・集計が可能となります。営業側40名、工場側40名の担当者が、トータルで月間330時間を費やしていた時間を削減することができました。

【今後について】
同社は、蓄積されたデータにより、原材料の相場変動の傾向の分析や、将来を先読みした仕入れや生産計画による調達の効率化など、収益向上のためのアクションが可能になると考えています。そのために、生産現場のペーパーレス化を実現し、品質改善のための“気づき”を与えるシステムに発展させていく予定です。

<生産管理部 業務二課 課長 内沢 博昭様 コメント>
「MotionBoardのダッシュボードを、どこからでもより簡単に見えるようにしてほしい、という経営層の要望に応えるべく、iPadを導入しました。スーパーカクテルに登録されているレシピ(製品構成マスター)を見やすく加工して表示するほか、最新の製造マニュアルもiPadを通じて提供しています。最終的には生産現場のペーパーレス化を実現するとともに、品質改善のための“気づき”を与えるシステムに発展させていきたいと考えています」
 

■事例紹介
http://www.wingarc.com/product/usecase/detail.php?id=201

※1
「スーパーカクテルデュオFOODs」は、株式会社内田洋行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大久保 昇)が提供する、食品製造業・加工業、卸業など、食品を扱う企業の業務に特化したERPパッケージです。
http://www.uchida.co.jp/system/c-hks/cocktailfood/


<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社  
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1  渋谷インフォスタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.com

※ウイングアークのFacebookページ
 ユーザー事例・製品情報・イベントなどウイングアークの最新情報をお届けしています。http://www.facebook.com/wingarc

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る