• トップ
  • リリース
  • 平成28年度の「おおさかストップ温暖化賞」の大阪府知事賞に大阪いずみ市民生協が選定されました。

プレスリリース

大阪いずみ市民生活協同組合

平成28年度の「おおさかストップ温暖化賞」の大阪府知事賞に大阪いずみ市民生協が選定されました。

(DreamNews) 2016年12月20日(火)10時00分配信 DreamNews

大阪府が毎年開催している「おおさかストップ温暖化賞」において、もっとも優れたとりくみを実施した事業者に授与される「大阪府知事賞」に、大阪いずみ市民生協が選ばれました。 12月26日(月)に授賞式が開催される予定です。

大阪府の平成28年度「おおさかストップ温暖化賞」で、もっとも優れたとりくみを実施した事業者に授与される「大阪府知事賞」に大阪いずみ市民生協が選ばれました。
12月26日(月)に授賞式が開催される予定です。

◆大阪府発表
http://www.pref.osaka.lg.jp/chikyukankyo/ondankaboushi_jourei/stop_ondanka_top.html

選考にあたり、以下のとりくみが評価されました。
1. 再生エネルギーの普及
 環境政策にもとづいた再生可能エネルギーを「つくる・つかう・ひろげる」とりくみをすすめています。
 計4か所の発電所ですすめている合計10.75メガワットの発電事業についても高く評価されました。
2.省エネ機器の導入
 コープのお店を中心に、新築だけでなく既存の施設についてもLED照明など省エネ機器の導入をすすめています。
3.ISO14001の運用などによるCO2の削減
 全部署で「ISO14001環境マネジメントシステム」のとりくみをすすめ、「環境目標」や「日常管理項目」など目標をもってとりくんでいます。
4.車両燃料の削減
 コープの宅配の配送ルートについて、日常的にコース整備をすすめています。
 効率的な配送コースにすることで、車両燃料の抑制にとりくんでいます。

 これからも、いずみ市民生協はCO2排出を削減するとりくみをすすめます。

(おおさかストップ温暖化賞とは)
事業活動において排出される温室効果ガスや人工排熱の抑制、電気の需要の平準化について、他の模範となる特に優れたとりくみを行った事業者または事業所(以下「事業者等」という。)を表彰し、そのとりくみを広く公表することにより、温暖化防止等に関する対策の一層の普及を図るものです。

◆大阪府ホームページ
http://www.pref.osaka.lg.jp/chikyukankyo/jigyotoppage/prize_ondanka.html

【補足(添付写真)】
・大阪いずみ市民生協の京都・亀岡太陽光発電所(7.5メガワット *ゴルフ場跡に設置)
・大阪いずみ市民生協の店舗(コープ岸和田 省エネ機器を導入)


【本件に関するお問い合わせ先】 大阪いずみ市民生協 広報担当 高野(たかの) 072−232−5100


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る