• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所マーケットレポート】「石油産業の再編の意味するもの 〜業界再編は最終段階へ、ポテンシャルをどう引き出す〜」を発刊いたしました

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所マーケットレポート】「石油産業の再編の意味するもの 〜業界再編は最終段階へ、ポテンシャルをどう引き出す〜」を発刊いたしました

(DreamNews) 2016年12月19日(月)09時30分配信 DreamNews

【矢野経済研究所マーケットレポート】「石油産業の再編の意味するもの 〜業界再編は最終段階へ、ポテンシャルをどう引き出す〜」を発刊いたしました

発刊日:2016年12月8日
体裁:A4 / 24頁
PDF商品:定価37,800円(本体35,000円 消費税2,800円)

■掲載内容
国内の石油産業は、今後の人口減少、自動車の燃費向上や燃料の転換、温室効果ガス排出規制強化等の環境変化により、石油需要の減少に歯止めがかからない見通しから、民間主導による再編が具体化しており、需給調整や海外展開の方向での業界全体の動きが顕著になっています。
このような背景から、1986年の特定石油輸入暫定措置法(特石法)制定以降に視点を当てて、海外を含めた石油産業を取り巻く環境を踏まえ、現在進行中の業界の再編の動向及び今後の産業の方向を展望いたします。本調査レポートは、弊社社外マイスターであり、日本鉱業(現・JXエネルギー株式会社)、一般財団法人日本エネルギー経済研究所などで、石油精製装置の設計やエネルギー関連技術に長年携わってきた松田文一氏(客員研究員)がとりまとめました。

⇒詳細内容・お申込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/R58202401

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

株式会社矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る