• トップ
  • リリース
  • 「自動車V2X(Vehicle to Everything)の世界市場2017-2022年:通信タイプ別、用途機能別、市場予測と動向」最新調査リリース

プレスリリース

リサーチステーション合同会社

「自動車V2X(Vehicle to Everything)の世界市場2017-2022年:通信タイプ別、用途機能別、市場予測と動向」最新調査リリース

(DreamNews) 2016年12月15日(木)13時00分配信 DreamNews

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「自動車V2X(Vehicle to Everything)の世界市場2017-2022年:通信タイプ別、用途機能別、市場予測と動向」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
自動車V2X(Vehicle to Everything)は2017年以後本格的に市場化されると見込まれ、同年の世界市場規模は7億6750万ドルに達すると推計されます。同市場は以後2022年まで平均年成長率30%近くの急成長で推移し、2022年には28億ドル市場に達すると当レポートでは予測しています。レポートでは、2022年に至る自動車V2Xの世界市場予測(US$)、ハードウェア/ソフトウェア市場、通信タイプ別市場(V2V, V2I, V2P, V2H, V2G, V2N)、車種別市場(乗用車、商用車)、接続タイプ別市場(DSRC、セルラー)、用途機能別市場(自動運転支援、ITS、緊急車両通知、フリート管理、駐車管理、遠隔モニタリング、予知保全)、主要国地域別市場など、詳細に細分化された市場予測データおよび分析を掲載しています。また市場考察、競合、主要企業動向などの情報も交えて、自動車V2X市場の今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
自動車V2X(Vehicle to Everything)の世界市場2017-2022年:通信タイプ別、用途機能別、市場予測と動向
Automotive Vehicle-to-Everything (V2X) Market by Offering (Hardware, Software), Type (V2V, V2I, V2P, V2G, V2H, and V2N), Connectivity Type (DSRC and Cellular), Vehicle Type (Passenger and Commercial), Application - Global Forecast to 2022
http://researchstation.jp/report/MAM/3/Automotive_V2X_2022_MAM379.html

【レポート構成概要】
◆自動車V2Xの世界市場予測2017-2022年
・ハードウェア(市場規模US$, 数量units)
・ソフトウェア(市場規模US$)

◆V2X通信タイプ別市場-2022年(US$)
・V2V (Vehicle to Vehicle)
・V2I (Vehicle to Infrastructure)
・V2P (Vehicle to Pedestrian)
・V2H (Vehicle to Home)
・V2G (Vehicle to Grid)
・V2N (Vehicle to Network)

◆車種別V2X市場-2022年(US$, units)
・乗用車
・商用車

◆接続タイプ別市場-2022年(US$, units)
・DSRC接続
・セルラー接続

◆用途機能別V2X市場-2022年(US$)
・自動運転支援(automated driver assistance)
・高度道路交通システム(ITS)
・緊急車両通知
・旅客情報システム
・フリート/資産管理
・駐車管理システム
・遠隔モニタリング、診断
・予知保全

※セグメント市場の一部データは2018、2019年以後のデータ掲載となります。
詳細は目次参照。

◆主要国地域別市場-2022年(US$, units)
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・ドイツ、英国、フランス、イタリア、スペイン
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、韓国、インド
・その他アジア太平洋
その他地域
・中東アフリカ
・南米

◆市場分析
・市場の促進要因、阻害要因、市場機会、課題
・バリューチェーン分析
・業界競合分析モデル(ファイブフォース分析)
・競合状況
・新製品、提携

◆V2Xの主要企業プロフィールと動向
・CONTINENTAL AG
・QUALCOMM INC.
・DAIMLER AG
・DELPHI AUTOMOTIVE PLC
・INFINEON TECHNOLOGIES AG
・AUDI AG
・INTEL CORPORATION
・NXP SEMICONDUCTORS N.V.
・TOMTOM N.V.
・INTERNATIONAL BUSINESS MACHINES CORPORATION
・CISCO SYSTEMS, INC.
・AT&T INC.
・VODAFONE GROUP PLC.
・ROBERT BOSCH GMBH
・HARMAN INTERNATIONAL INDUSTRIES, INC.
・NVIDIA CORPORATION
・MOBILEYE NV
・PTC INC.
・AUTOTALKS LIMITED
・COHDA WIRELESS PTY LTD.

(全209頁)




【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/3/Automotive_V2X_2022_MAM379.html

発行元:MarketsandMarkets(米国)について
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2016年12月14日

★関連レポート
「自動車IoT(モノのインターネット)の世界市場:製品別、用途別2022年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/3/Automotive_IoT_2022_MAM315.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る