• トップ
  • リリース
  • 冬の東京の川でロシアから飛来した野生を感じる。 冬だけのお楽しみ、「コタツで!野鳥観察舟遊び」今シーズンは3回実施!

プレスリリース

株式会社フローティングライフ(屋号:舟遊びみづは)

冬の東京の川でロシアから飛来した野生を感じる。 冬だけのお楽しみ、「コタツで!野鳥観察舟遊び」今シーズンは3回実施!

(DreamNews) 2016年12月15日(木)09時00分配信 DreamNews

日本橋を中心に、東京の河川・東京湾でクルーズを運航している舟遊びみづは(株式会社フローティングライフ)は、2017年のウィンターシーズンに、野鳥の宝庫である東京の運河で、屋外コタツにあたりながらバードウォッチングを楽しむ「コタツで!野鳥観察舟遊び」を運航いたします。

日本橋を中心に、東京の河川・東京湾でクルーズを運航している舟遊びみづは(株式会社フローティングライフ)は、2017年のウィンターシーズンに、野鳥の宝庫である東京の運河で、屋外コタツにあたりながらバードウォッチングを楽しむ「コタツで!野鳥観察舟遊び」を運航いたします。
野鳥ガイドは、都市の自然や水辺環境をメインフィールドとして活動するココペリプラス代表で、東京の川の生き物の達人である寺田浩之氏をお招きし、野鳥の生態を舟からつぶさに眺め、学ぶひとときを提供いたします。


=実施概要=
*イベント実施日時:2016年1月15日、2月12日、3月5日 各日曜日 10:00〜12:00(120分)
*乗船場所:1月15日及び3月5日→日本橋船着場、2月12日→勝どき簡易船着場 
*下船場所:勝どき朝潮小型船乗り場

*乗船料:お1人様4,500円、小学生1,500円(税込)※対象年齢:小学生以上 双眼鏡レンタルあり、1台200円
*プランに含まれるもの:野鳥ガイド、資料、水路図、温かい飲み物、小さなお土産付
*運航コース:
日本橋から隅田川に出て、豊洲や有明付近の臨海運河を、水鳥を発見しながら巡り、勝どきで下船。
*予約方法:舟遊びみづはウェブサイトにて受付。http://www.funaasobi-mizuha.jp/
◆主催・運航:
 舟遊びみづは(株式会社フローティングライフ)http://www.funaasobi-mizuha.jp/
 ウェブサイト内実施詳細ページ http://www.funaasobi-mizuha.jp/topics/20161201Y.html

※お問合せ:舟遊びみづは 担当:佐藤 TEL:070-6476-9827
 お問合せフォーム https://www.funaasobi-mizuha.jp/reserve/contact.html
◇舟遊びみづはとは
12人乗りの、スモールラグジュアリーがコンセプトの和モダン屋形船。刺身・天ぷらコースが一般的な屋形船のサービスとは一線を画し、プライベート感を重視した少人数貸切や、季節ごとの乗合イベントで江戸の舟遊びの風情を実現。前部デッキの抜群な眺望と、シックな内装でトイレ完備の船室を備え、冬はデッキにコタツも。
◇ココペリプラスとは
都市で生活をされる「自然との距離が遠い」方々にこそ自然を近くに感じていただく手助けをする。そんな「ヒトと自然をつなげる」プロフェッショナル。
☆ココペリプラスウェブサイト:http://www.kokopelliplus.jp/
                                                以上


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る