• トップ
  • リリース
  • クラウド型旅行業務管理システム『SOL-T(ソルティ)』が団体管理機能を搭載  〜受注型・募集型企画旅行から、手配・訪日・修学旅行など複数の予約カルテを管理〜

プレスリリース

株式会社フォレスト

クラウド型旅行業務管理システム『SOL-T(ソルティ)』が団体管理機能を搭載  〜受注型・募集型企画旅行から、手配・訪日・修学旅行など複数の予約カルテを管理〜

(DreamNews) 2016年12月15日(木)11時00分配信 DreamNews

株式会社フォレストは旅行会社の業務効率化を実現する、クラウド型旅行業務管理システム『SOL-T』の新しいオプション機能として、「団体管理機能」を提供します。これにより受注型・募集型企画旅行、手配旅行、訪日旅行、MICE、修学旅行などに対応し、複数の予約カルテをまとめて管理したいケースなどでたいへん有効です。

株式会社フォレスト(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山本 篤徳)は、12月15日、旅行会社の業務効率化を実現する、クラウド型旅行業務管理システム『SOL-T』のオプション機能として、お客様からの多くのご要望に応え、新たに「団体管理機能」を提供することを発表しました。


【団体管理機能について】

SOL-Tのオプション機能として提供され、受注型・募集型企画旅行、手配旅行、訪日旅行、MICE、修学旅行などに対応し、複数の予約カルテをまとめて管理したいシチュエーションで本領を発揮します。

<システムの特徴とメリット>

・複数の予約カルテを1つの団体番号でバインド(関連付け) 
   ⇒複数のカルテをバインダーで管理するような手軽さ
・元になる予約カルテを作成、2組目からは元カルテを次々とコピーして作成 
   ⇒申込人数が多くても簡単
・予約カルテ毎に異なる申込み商品を容易に管理 
   ⇒航空機のクラス、ホテルの部屋カテゴリー、オプショナルツアー等
・複数の予約カルテを選択して帳票(請求書・予約確認書等)を一括で作成 
   ⇒帳票作成の手間を大幅に軽減
・複数の予約カルテを選択して明細内容を一括で更新 
   ⇒内容修正の手間を大幅に軽減
・団体ごとに合計収支が表示 
   ⇒リアルタイムに把握が可能
 
 ■団体管理機能紹介ページ:http://www.forestnet.jp/solt/#options


【クラウド型旅行業務管理システム『SOL-T』について】

SOL-Tは社内管理が不要で導入がしやすく、個人旅行、出張手配、国内、海外の業務の横断的な管理が可能な、社内スタッフの多岐にわたる業務の負荷を大幅に軽減する、実績のあるシステムです。
(1)業務フローのシンプル化(2)システムのクラウド化(3)他システムとの柔軟な連携(4)見やすい画面でストレスのない直観的な操作性等の特長により、処理効率を高め、人件費を抑制しながら結果として処理件数を増やすことができます。また、ID単位の利用料金設定など、小規模から中堅規模まで旅行会社の規模に応じて最適な導入が可能です。

 ■SOL-T製品紹介ページ:http://www.forestnet.jp/solt/
 ■Arregro(関連製品)紹介ページ:http://www.forestnet.jp/arreglo.html


【フォレストについて】

株式会社フォレストは、以前より旅行業務システムの開発・コンサルティングに携わった知見とノウハウを有するメンバーが集まり、2008年に設立。以来、『人として関わる』ことを大切にし、『業者ではなくパートナー』でありたいとの理念を元に、システムを利用いただく方が納得できるサービスを常に提供してきました。
現在では、「SOL-T(ソルティ)」をはじめとする自社開発パッケージステムの企画・販売からコンサルティングを含む、旅行業界向けソリューションを中心に事業展開し、多くの実績を有しています。

 ■ホームページ:http://www.forestnet.jp/


【本リリースおよび製品に関するお問合せ】

 株式会社フォレスト ■TEL:03-5331-3131 ■メール:info@forestnet.jp

 ※本リリース中の会社名・製品名は一般に各社の商標または登録商標です。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る