• トップ
  • リリース
  • 中国「新星杯」漫画コンクール10周年東京特別展 良築良作「中国漫画家村」日本村設立式典

プレスリリース

ファンファン漫画

中国「新星杯」漫画コンクール10周年東京特別展 良築良作「中国漫画家村」日本村設立式典

(DreamNews) 2016年12月14日(水)17時00分配信 DreamNews

2016年12月15日、中国の漫画企業である「ファンファン漫画」(翻翻動漫集団)は東京都文京区の日中友好会館で中国「新星杯」漫画コンクール10周年東京特別展、そして良築良作「中国漫画家村」日本村設立式典を行い、集英社、KADOKAWAグループ、スクウェア・エニックス、アサツーディ・ケイなど業界の方々を招待する。

2016年12月15日、中国の漫画企業である「ファンファン漫画」(翻翻動漫集団)は東京都文京区の日中友好会館で中国「新星杯」漫画コンクール10周年東京特別展、そして良築良作「中国漫画家村」日本村設立式典を行い、集英社、KADOKAWAグループ、スクウェア・エニックス、アサツーディ・ケイなど業界の方々を招待した。ファンファン漫画はこれから中国だけではなく、日本でも漫画人材を発掘し、中国漫画の未来を創たいという願望を持ち、日本で漫画家村を立ち上げ、日本の漫画業界との協力を更に深めて行きたいです。

中国「新星杯」漫画コンクール10周年東京特別展
 「新星杯」漫画コンクールは中国杭州市(中国国際動漫節組織委員会)が主催、ファンファン漫画が実行、集英社が応援となる漫画コンクールである。初開催から10年間、「新星杯」は中国地域だけでなく、海外華人華僑向けにも募集を始めている。「新星杯」はこれまで、百名近くの漫画人材を発掘し、優秀作品の海外輸出も実現していた。10年間、およそ10000部以上の作品を募集し、そのうち292部の作品が受賞された。その中、50名以上の新人漫画家が中国でデビューし、33名の作品は中国の紙雑誌やデジタル媒体で掲載された。また、7名の作品が日本の紙雑誌やデジタル媒体で掲載され、更に、「新星杯」でデビューされた作家の1作品が集英社「週刊少年JUMP」の掲載も果たした、これは「週刊少年JUMP」で初めての海外作家のオリジナル作品掲載となった。
 現在、「新星杯」はすでに中国にて最も規模が大きく、レベルが高い漫画コンクールとなっている。漫画を通して日中青年文化交流を促進する目標を抱え、このたび、「新星杯」第十回目という節目の際に、中国国際動漫節組織委員会及び集英社のご支持のもと、中国「新星杯」漫画コンクール十周年東京特別展を開催することになった。
「良築良作中国漫画家村」日本村設立式典
「良築良作中国漫画家村」は「新星杯」漫画コンクールを支える基盤として、漫画家に優しい創作環境を提供している。ファンファン漫画社は2014年11月、中国の杭州市で初めての「中国漫画家村」を立ち上げた。静かで優しい環境の中、漫画家さんが創作に専念できるように作った施設である。 それは中国最大の漫画施設でもあり、現在は50名以上の漫画家さんが在籍している。中国の「トキワ荘」と呼ばれている。
今年から、中国漫画家村は杭州をはじめ、北京、武漢、広州、重慶いわゆる「東南西北中」5つの拠点作りを終え、オリジナル漫画の創作に力を入れ、ハイクオリティの漫画作品を出し続けている。これから、中国の優秀な漫画作品の輸出を通して海外との文化交流を益々深めることを目指し、ファンファン漫画は東京、台北、ソウル、パリにて「漫画家村」を設立する予定である。
  本日をもちまして、「日本漫画家村」は東京都文京区に設立され、これは海外初の「漫画家村」となっている。「日本漫画家村」は中国人留学生の漫画家志望者のみではなく、中国市場に興味を持つ日本人の新人漫画家にも優しい創作環境及び専門的な編集サポートを提供することで、現代版の「トキワ荘」として機能するのを期待している。

● 12月15日(木)14時〜17時 (式典14時30分〜15時30分) 観覧自由
● 「日中友好会館大ホール」 東京都文京区後楽1−5−3 
● 問い合わせ先 広報担当 林(090-6569−2995)


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る