• トップ
  • リリース
  • 経営者のM&A・事業承継に対する理解促進を目的としたセミナー 2017年2月〜3月、全国7都市8会場で≪経営者のためのM&Aセミナー≫開催!

プレスリリース

株式会社日本M&Aセンター

経営者のM&A・事業承継に対する理解促進を目的としたセミナー 2017年2月〜3月、全国7都市8会場で≪経営者のためのM&Aセミナー≫開催!

(DreamNews) 2016年12月14日(水)11時00分配信 DreamNews

中堅・中小企業の“M&A仲介実績No.1”の株式会社日本M&Aセンター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅 卓)は、2017年2月〜3月に全国7都市8会場で≪経営者のためのM&Aセミナー≫を開催します。2016年10月に開催した同セミナーの申込者数は平均で2,300名超となり、M&Aへの関心が高まっています

2016年に開催した同セミナー申込人数に表れている通り、社長の平均年齢が66歳を迎え、引退適齢期となり「後継者問題」が本格化しております。また、全業種全業界で押し寄せる「業界再編」に対して存亡を賭けた経営戦略としてのM&Aが、今まで以上に大きな関心を集めています。

当セミナーは、中堅・中小企業をはじめとした経営者のM&A・事業承継に対する理解促進を目的として開催するもので、2017年2月9日(木)の横浜から3月8日(水)の神戸まで、全国7都市8会場で無料開催いたします。

≪2016年10月開催の経営者のためのM&Aセミナー≫会場の様子

社長の平均年齢は過去最高の66歳!
経済産業省発表の『「事業承継ガイドライン」について』において、2015年社長の平均年齢は66歳となり過去最高を更新しています。このままのペースでは経営者の超高齢化がさらに進んで、多くの企業が存続の危機にさらされる可能性があります。仮に廃業となった場合、家族や従業員が路頭に迷い、地域の安定雇用の受け皿が失われ、地域経済が停滞する最悪なシナリオも考えられます。

自社発展のための戦略的企業売却という新潮流
自社の10年後やさらにその先の社員の将来を見通すと、オーナー自身の事業承継の解決とともに会社の成長を同時に考えることが経営者の責務と考える方が多くなっています。自身の問題解決と同時に会社に明るい未来をもたらすことができる方法が、M&Aなのです。したがって単純に事業承継を解決するだけでなく、M&Aによって生まれるシナジー効果を見込んで自社の将来の発展を目的とする「戦略的企業売却」を決意する経営者が増加しています。例えば、貸し会議室運営会社が成長する上で不動産を賃貸する必要がありますが、保証金の資金負担に限界がある中、大手不動産会社のグループに入り、資金の心配なく、優良不動産情報をいち早く入手することができるようになり成長を加速させた事例があります。

セミナー当日は、「友好的M&Aによる会社譲渡の体験発表」として、大阪府の変成器・電源機械等製造・販売をしている東証一部上場会社にM&Aで自社の全株式を譲渡された、テクノ電気工業株式会社前社長 宮前 榮 様をお招きして、友好的M&Aによる会社譲渡の体験談についてお話しいただきます。さらに、弊社 代表取締役社長 三宅 卓(東京1、東京2、大阪、神戸会場)と常務取締役 大山 敬義(盛岡、横浜、名古屋、福岡会場)が「中小企業M&A 成功のノウハウ」と題して、「後継者問題」「先行き不安」をM&Aで解決した事例を紹介するほか、本には載ってない「成功の秘訣」と「リスクの回避方法」を公開します。M&Aによる会社の売却や事業承継をご検討の経営者様はもちろん、企業譲受をご検討の経営者様もぜひご参加ください。

また、セミナー参加者特典として、当日のアンケートにご協力を頂きました方へ代表取締役社長 三宅 卓の著書「会社が生まれ変わるために必要なこと」を進呈いたします。

会場では専門家による無料個別相談も受け付けています。秘密厳守で、あらゆる経営問題のご相談を承ります。また、M&Aや事業承継に関する無料相談専用番号(0120-03-4150)からも随時、無料相談を受け付けています。日本M&Aセンターは、承継方法に迷われている経営者の方を全力でサポートいたします。


≪経営者のためのM&Aセミナー≫開催概要(詳細)
【名称】経営者のためのM&Aセミナー
【主催】株式会社日本M&Aセンター
【プログラム】
テーマ1:友好的M&Aによる企業譲渡の体験発表「事業承継は、会社を強くするチャンス」
会社を譲渡された経営者様から、譲渡を決断した経緯、M&A交渉中の心境、M&A後の会社や従業員の状況など、実際の中小企業M&Aの体験談を語っていただきます。
講師:テクノ電気工業株式会社 前社長 宮前 榮 様 (全会場共通)

テクノ電気工業株式会社 前社長 宮前 榮 様とM&A概要
テクノ電気工業様は業歴60年以上。高い技術力を強みに、堅実な経営を続ける優良企業です。
社長の宮前様は事業承継にあたり、経営基盤の安定・強化のためには“親族に承継して同族経営を続ける”よりも、大手企業と提携した方が良いと判断され、M&Aの検討を始めました。
一方、買い手企業様は「新分野への拡大」を進められており、今まで参入できていなかった医療・産業機器分野と研究機関への豊富な取引実績があるテクノ電気工業様と一緒になることで、自社の事業領域の拡大が見込め、両社ともに発展できるM&Aとなりました。

テーマ2:中小企業M&A 成功のノウハウ
日本M&Aセンター 25年間3,000件のM&A成約データベースから創業メンバーの三宅・大山が解説します!
「後継者問題」、「先行き不安」をM&Aで解決した事例を紹介するほか、本には載ってない「成功の秘訣」と「リスクの回避」を公開します。
講師:株式会社日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅 卓(東京1、東京2、大阪、神戸会場)

三宅 卓プロフィール
1991年、日本M&Aセンターの立ち上げに参画、2007年に東証一部上場に導く。以来、中小企業の後継者問題を解決するための友好的M&A支援を行い、実績は数百件に上る。中堅・中小企業M&Aの第一人者として年間に50件以上の講演活動を行う。著書に「M&Aを成功に導くPMI」(プレジデント社刊)・「会社・社員・お客様 みんなを幸せにするM&A」(あさ出版刊)・「会社が生まれ変わるために必要なこと」(経済界刊)など。

講師:株式会社日本M&Aセンター常務取締役 大山 敬義 (名古屋、盛岡、横浜、福岡会場)

大山 敬義プロフィール
1991年日本M&Aセンターの設立に参画。同社初のM&Aコンサルタントとなる。以来22年にわたり100件以上のM&A案件の成約実績をもつ。著書に「社長!あなたの会社、じつは…高く売れるんです!!」(すばる舎)がある。

【会場・日程】
東京1  2017年2月17日(金)東京国際フォーラム「B7」
東京2  2017年3月2日(木)東京国際フォーラム「B7」
大阪  2017年2月21日(火)ヒルトン大阪「桜の間」
名古屋 2017年2月15日(水)名古屋マリオットアソシアホテル「タワーズボールルーム」
盛岡  2017年2月27日(月)メトロポリタン盛岡「岩手」
横浜  2017年2月9日(木)横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ「日輪」
神戸  2017年3月8日(水)ホテルオークラ神戸「松風」
福岡  2017年3月6日(月)西鉄グランドホテル「プレジール」
※開催時間 13:30〜16:20(受付開始13:00〜)
【参加費】無料
【定員】東京1:500名、東京2:400名、大阪:350名、名古屋:250名、
    盛岡:110名、横浜:120名、神戸:120名、福岡:150名
【対象者】中堅・中小企業の経営者様
【セミナーの詳細・申込・お問い合わせ】
Webから(24時間受付中) ⇒https://www.nihon-ma.co.jp/seminar/ma1702/
セミナー申込受付専用電話から(受付時間:平日9:00-17:30) ⇒0120-169-785
=====================================
【株式会社日本M&Aセンター】概要
■社名:株式会社日本M&Aセンター
■設立: 1991年4月
■所在地:東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング24階
■電話: 03-5220-5454(代表)
■代表者:代表取締役会長 分林 保弘
代表取締役社長 三宅 卓
■事業内容 M&A(企業譲渡・譲受)支援業務
■ホームページ: https://www.nihon-ma.co.jp/
■日本M&Aセンターの特徴:
・中堅・中小企業のM&A支援実績は業界No.1の累計3,000件。
・東証一部上場、M&A専門コンサルタント200名体制。
・企業の「存続と発展」を目的とした友好的M&Aを全国で支援。
・全国の地方銀行9割、信用金庫7割、660の会計事務所と提携し、M&A情報ネットワークを構築


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る