• トップ
  • リリース
  • Garminマルチスポーツウォッチの最高峰「fnix」の最新作「fnix Chronos」ついに日本上陸 - ステンレスとチタンの2種類3モデル、12月13日(火)予約受付開始 -

プレスリリース

ガーミンコーポレーション

Garminマルチスポーツウォッチの最高峰「fnix」の最新作「fnix Chronos」ついに日本上陸 - ステンレスとチタンの2種類3モデル、12月13日(火)予約受付開始 -

(DreamNews) 2016年12月07日(水)11時00分配信 DreamNews

GPS機器およびフィットネスデバイスのリーディングブランド Garmin Corporationは、GPSスマートウォッチ「fnix(フェニックス)」シリーズの最新モデル「fnix Chronos(クロノス)」(全3型、税抜99,000円〜164,800円)を発売。国内正規販売会社のいいよねっとオンラインショップおよび一部店舗で12月13日より予約受付、23日より発送ならびに販売いたします。

GPS機器およびフィットネスデバイスのリーディングブランド Garmin Corporation(以下Garmin)は、GPSスマートウォッチ「fnix(フェニックス)」シリーズの最新モデル、「fnix Chronos(フェニックス クロノス)」(全3型、税抜99,000円〜税抜164,800円)を発売いたします。国内正規販売会社のいいよねっとオンラインショップ*および一部の取扱い店舗で12月13日(火)に予約受付を始め、12月23日(金・祝)より順次、発送ならびに販売を開始いたします。

「fnix Chronos」について:
「fnix Chronos」は、Garminが最上位クラスのウェアラブルデバイスと位置づけている「fnix」シリーズの最新モデルで、従来の搭載されている機能に心拍計を追加し、デザインを全面的にリニューアルしています。標準搭載の高度計、気圧計、コンパスの各センサーと併用することで、ライフログとアクティビティログの精度をさらに高めます。また高品質なスペックに遜色ないスタイリッシュなデザインで、わずか112gの軽量チタンモデルや、コーディネートが楽しくなるヴィンテージレザーベルトを配したモデルが登場します。またベルトの着脱もワンタッチで可能になっており、その日の気分で付け替えることができます(各モデルにラバーベルト付属)。

「登山家のための時計」として作られた「fnix」シリーズは、登山家の苦難や逆境に立ち向かう姿勢を「死んでも蘇り永遠の時を生きる」不死鳥フェニックスに例えたところから名付けられました。「高いGPS受信性能」「確実な操作性」といった登山家からの要望に応えうるプロ仕様の機能を備え、日常の生活シーンでも存在感を放つスタイリッシュなデザインと融合しました。常に洗練された生き方、一分一秒も無駄にせず充実したライフスタイルを実践する人々の手元に、「時を刈り取る」豊穣の神クロノスが宿るような、ダイナミックな高揚感をお届けします。

< fnix Chronos 基本仕様>
(画像左から)モデル名:ケース素材・ベルト素材・重量・税抜価格
Classic (クラシック):スチール・スチール・186.0g・109,900円
Urban (アーバン):スチール・ヴィンテージレザー・94.0g・99,000円
Hybrid (ハイブリッド):チタン・チタン・112.0g・164,800円

サイズ(W×H×D):49.0×49.0×15.0 mm
ディスプレー輝度:218×218ピクセル
バッテリー:リチウムイオン電池(USB接続)
バッテリー寿命:25時間(ウルトラトラックモード使用時)/ 13時間(GPSモード使用時) / 7日(スマートウォッチモード時)
防水性能:100m防水 / 10ATM
内蔵メモリ:32MB (23MB使用可能)
*使用方法その他の詳細な情報は、リーフレットまたはGarminオフィシャルウェブサイトにてご確認ください。
http://www.garmin.co.jp/

高度計、気圧計、コンパスを搭載した高精度な多機能時計に、ガーミンの専門分野であるGPS機能が付いた「fnix」シリーズは、ランニングダイナミクスなどの次世代機能や最大約25時間稼働のウルトラトラックモードに加え、3測位の受信性能、100m完全防水の仕様となっています。ランニングや水泳はもちろん、ゴルフやサイクリングでも使用でき、オプションセンサーのパワー/スピード/ケイデンスセンサーなどにも対応し、アクティビティに制約なくデータの収集と分析が行えます。アクションカメラVIRB ULTRA 30(別売)のリモート操作も可能です。

本製品はBluetoothを搭載しており、スマートフォンやタブレットに接続**することで、着信やSNS、カレンダーなど各種アプリケーションの通知受信、音楽アプリの操作が可能です。さらにGPS捕捉機能を活用し現在位置をリアルタイムで転送できるLiveTrack機能はGarmin Connect*** Mobileアプリから使用可能です。

また、Garmin Connect内のアプリケーションをダウンロードできるサイト「Connect IQ」(https://apps.garmin.com/ja-JP/)から、ウォッチフェイス、ウィジェット、データフィールド等の各種アイテムを無料でダウンロードし、お好みの時計にカスタマイズすることができます。

*http://store.iiyo.net/shop/top.aspx
**本機とBluetooth接続するためには、スマートフォンがBluetooth Low Energy(BLE)に対応している必要があります。
***Garmin Connectは、あらゆるフィットネスアクティビティを保存し、分析し、共有するためのオンライントレーニングツールです。 ランニング、サイクリング、スイミング、ウォーキングを楽しんでいる何百万ものユーザーの仲間に加わることができます。 Garmin ConnectはGarminデバイスとシームレスに機能し、あらゆるフィットネスの目標をサポートします。

Garminについて

Garmin(ガーミン)はアメリカ合衆国で創業されたGPS機器メーカーです。ゲイリー・バレル (Gary Burrell) と高民環 (Min H. Kao) によって1989年に設立されました。Garminという社名は創業者2人の名前の一部、GaryとMinに由来します。Garminは創業当時から変わらず、お客様の生活を豊かにすることができるナビゲーションおよび通信デバイスを作ることを目標としてきました。革新的な製品は、自動車、航空機、船舶、フィットネス、アウトドアレクリエーションおよび無線アプリケーションを含め、多岐な分野にわたっています。Garminは世界各国に多様な製品ラインと販売店を展開しています。すでに数百万台以上のGPS受信機を製造・販売しています。現在スイス・シャフハウゼン州シャフハウゼンにグループ本社であるGarmin (Europe) Ltd.(Nasdaq: GRMN)を置き、米カンザス州のオレイサにある子会社のGarmin International, Inc.が実質的な本社として機能しています。また、台湾・台北市に本社を置くGarmin Corporationは、アジアの拠点として活動しています。 
http://www.garmin.co.jp/

<本製品および取扱店舗に関するお問い合わせ先>
株式会社 いいよねっと
〒354-0036 埼玉県富士見市ふじみ野東1-7-6
TEL:049-267-9114 FAX:049-267-9124 E-mail:info@iiyo.net

<本リリース・製品リースほかメディアお問い合わせ先>
株式会社 アクティオ Garmin担当 大橋、栗原、坂本
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-13 -7 原宿 OM ビル3F
TEL:03-5771-6426 FAX:03-5771-6427 E-mail:garminpr@actioinc.jp

*製品画像は以下URLよりダウンロードが可能です。
https://1drv.ms/f/s!AplvDMDhBEgSiipMTlDMN_riK3kI
*本リリースに掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商号、商標または登録商標です。(R)マーク、TMマークは省略しています。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る