• トップ
  • リリース
  • リテルヒューズ社、最大定格電流600Aを実現した、IGBTモジュール「MG12600WB-BR2MMシリーズ」を発売

プレスリリース

リテルヒューズ社、最大定格電流600Aを実現した、IGBTモジュール「MG12600WB-BR2MMシリーズ」を発売

(DreamNews) 2016年12月06日(火)14時30分配信 DreamNews

回路保護分野におけるグローバルリーダー、リテルヒューズ・インク の日本法人である株式会社リテルヒューズは、IGBT(絶縁ゲートバイポーラトランジスタ)モジュールの新製品「MG12600WB-BR2MMシリーズ」を、本年12月初旬より発売します。

回路保護分野におけるグローバルリーダー、リテルヒューズ・インク (本社:米国イリノイ州シカゴ市、代表:会長兼社長兼最高経営責任者 : ゴードン・ハンター(Gordon Hunter)、NASDAQ:LFUS)の日本法人である株式会社リテルヒューズ(本社:神奈川県横浜市、代表者:代表取締役社長 蝦名 悟史)は、IGBT(絶縁ゲートバイポーラトランジスタ)モジュールの新製品「MG12600WB-BR2MMシリーズ」を、本年12月初旬より発売します。売上目標は、1000万円を目指します。

ハーフブリッジIGBTモジュール「MG12600WB-BR2MMシリーズ」は、当社の同製品群のこれまでの最大定格電流であった450Aを大幅に上回る600Aとなり、さまざまな出力範囲の製品への対応が可能です。幅広い定格電流に加えて、最新のIGBT技術により、効率の向上と高速スイッチングを堅牢で柔軟なフォーマットで提供します。また、コンパクトなパッケージサイズとマルチチップモジュールは、熱管理の簡略化とスペースの省略化を実現します。

なお、同製品は、当社の国内販売代理店12社を通じ、販売します。

■特長
●トレンチゲート・フィールドストップIGBT技術が、伝導とスイッチングの最適なパフォーマンスを実現。
●低飽和電圧と正温度係数により、容易に並列してシステム電流を高めることが可能。
●高速スイッチングと短いテール電流により、スイッチングロスが減少し、システム効率を向上。

■用途
工業用ドライブ、サーボドライブ、太陽光インバーター、高電力変換装置、UPS、溶接装置などの電力制御アプリケーション

■仕様
コレクター・エミッタ―間電圧(VCES)(V):1200
コレクター・エミッタ―飽和電圧(VCE(sat))(V):1.7
ターンオフスイッチング(Eoff)(mJ):105
サイズ(mm):152 x 62 x 17
接合部・ケース間熱抵抗(RthJC)(K/W):0.1
トポロジー:circuit B
ワット損(Ptot)(W):2500
UL 認定ファイル番号:E71639

※詳細については、MG12600WB-BR2MMシリーズの製品ページ(http://www.littelfuse.co.jp/products/power-semiconductors/igbt-module/mg12600wb_br2mm/mg12600wb_br2mm.aspx)をご覧ください。

■売上目標/価格
売上げ目標:1000万円
価格:代理店にお問い合わせください




リテルヒューズ について
1927年創立の Littelfuse, Inc.(本社:米国イリノイ州シカゴ市、代表:会長兼社長兼最高経営責任者: ゴードン・ハンター(Gordon Hunter)、NASDAQ:LFUS)は、回路保護分野におけるグローバルリーダーで、電力制御およびセンサー分野での世界的な躍進を確かなものにしつつあります。 同社は、ヒューズ、セミコンダクタ、ポリマー、セラミック、リレーおよびセンサーといった技術を必要とする電子機器、自動車および工業市場において世界中のお客様にサービスを提供しています。リテルヒューズは、北南米やヨーロッパ、アジアの 40 カ所を超える拠点に1万人以上の従業員を抱えています。詳細についてはリテルヒューズのウェブサイトlittelfuse.comをご覧ください。

株式会社リテルヒューズについて
株式会社リテルヒューズは、米国リテルヒューズ社の全額出資日本法人として1997年2月に設立(本社:神奈川県横浜市、代表者:代表取締役社長 蝦名 悟史)、約14名の従業員を抱え、リテルヒューズ製品の技術検証、品質保証、販売、及びサポートを国内顧客企業に対し提供しています。

本製品に関するお問い合わせ
株式会社リテルヒューズ
担当:加瀬(総務担当)
TEL:045-478-3900、 FAX:045-478-1089


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る