• トップ
  • リリース
  • マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、オフィスでの飲料摂取実態と今後のニーズについて調査結果を発表

プレスリリース

株式会社総合企画センター大阪

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、オフィスでの飲料摂取実態と今後のニーズについて調査結果を発表

(DreamNews) 2016年12月06日(火)17時30分配信 DreamNews

今回、20〜60代の就業者男女を対象に、仕事場での飲料の飲用状況と今後のニーズに関するアンケート調査を実施。調査の結果、週3日以上飲料を飲用する割合が9割近いことが分かった。また、オフィスでは“止渇性”ニーズが大きく、“リラックスできる味”“味の劣化の改善”を求める声が大きい。今後もオフィスでの飲料の飲用意向は増加傾向にあり、引き続き茶系飲料やコーヒー飲料等のニーズが拡大すると考えられる。

概要
【調査主旨と結果】
◆今回、仕事場での飲料の飲用状況と今後のニーズを明らかにするべく、調査を実施した。

◆その結果、5,000人を対象とした予備調査ではオフィスで週1回以上飲料を飲用する割合が約9割となり、そこから本調査の対象として抽出した620人の飲用頻度も「週3日以上(仕事のある時はいつもを含む)」の割合が9割近くと多い。

◆飲用目的としては、オフィスのあらゆるシーンで“止渇性”ニーズが大きく、“リラックス(気分転換)・癒し”や“集中力向上”を求める人も少なくない。また、こういった目的で飲まれている飲料の種類としては、“茶系飲料”や“コーヒー飲料”、“水・ミネラルウォーター”の需要が大きく、飲用機会も増える傾向にある。

◆今後のオフィスにおける飲料の飲用意向も“増える”傾向にあり、引き続き“茶系飲料”や“コーヒー飲料”、“水・ミネラルウォーター”に対するニーズが大きい。さらに、オフィスで飲用する飲料に求めていることは“止渇性”や“リラックスできる味”、“味の劣化の改善”が挙げられていることから、これらに対応した飲料を提供することが、オフィスでの飲料需要を取り込むポイントになると考えられる。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象:20〜60代の就業者男女620人

【調査内容】
1.オフィスでの飲料の飲用状況
2.オフィスで飲用する飲料の不満点
3.オフィスとプライベートの飲料の飲まれ方の違い
4.今後のオフィスでの飲料の飲用意向



TPC消費者調査レポートNo.231
『オフィスでの飲料摂取実態と今後のニーズ』
―“止渇性”、“リラックスできる味”、“味の劣化の改善”への対応がポイント!!―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/cr120160325
体裁:A4判カラーコピー製本185頁+CD-ROM版
※CD-ROM版には、分析編・集計編・データ編を収録しています。
発刊日:2016年11月30日
頒  価:360,000円(税抜)


【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
■プライバシーマーク認定番号  第20001810 号
■ISO27001認証書番号  IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る