• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所調査結果サマリー】リハビリテーション病院における脳卒中リハビリ実態アンケート調査を実施(2016年)

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所調査結果サマリー】リハビリテーション病院における脳卒中リハビリ実態アンケート調査を実施(2016年)

(DreamNews) 2016年11月29日(火)14時00分配信 DreamNews

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて脳卒中リハビリテーションに関する病院アンケート調査を実施いたしました。

1.調査期間:2016年5月〜6月
2. 調査対象国内のリハビリテーション科を診療科に持つ病院(集計対象85件)
3. 調査方法:郵送(留置)アンケート方式
4.発刊日:2016年10月31日

<本アンケート調査について>
本アンケート調査では、国内のリハビリテーション科を診療科に持つ病院を対象として、脳卒中(脳血管障害)患者に対するリハビリテーションの実施状況(体制、スタッフ数、患者数、患者の評価方法、急性期リハビリ実施の有無、リハビリ期間、リハビリ利用機器・装具、車いす処方状況、リハビリ終了後の行先、課題・問題点など)についての調査を実施した。
分析に際しては、脳卒中リハビリ患者の全リハビリ患者数に占める比率、脳卒中リハビリ患者の年齢構成、脳卒中リハビリにおける課題・問題点等についてまとめた。

◆脳卒中リハビリテーション患者の比率が、過半数を越える施設は約3割
◆85歳以上の脳卒中リハビリ患者が、50%以上を占める病院は14施設
◆脳卒中患者のリハビリにおいての課題・問題点は、「今後の点数減少」が40.2%、「退院後の患者情報の把握」が35.4%、「人手が不足している」は30.5%

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■プレスリリース
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001622
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る