プレスリリース

Jinko Solar株式会社

ジンコソーラーは2017年第一四半期で新製品を発売予定

(DreamNews) 2016年11月25日(金)15時00分配信 DreamNews

太陽光発電(PV)産業の世界大手ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.、 NYSE: JKS)は11月22日、ジンコソーラー国家認定企業技術センター年度セミナーが上海で開催された。

太陽光発電(PV)産業の世界大手ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.、 NYSE: JKS)は11月22日、ジンコソーラー国家認定企業技術センター年度セミナーが上海で開催された。

  2016年9月30日までの第3四半期の決算財務情報(未監査)により、ジンコソーラーは3四半期連続で出荷量が世界一に位置している。Q3の太陽光発電モジュールの出荷量が1,606 MW,で、2015の第3四半期の1,134.5 MWに比べて41.6%増加した。粗利益率は22.1%、2016年第2四半期の20.4%、2015年第3四半期の21.3%より増加。

 技術革新においては、ジンコンソーラー研究開発チームは、すでに結晶シリコン、電池、モジュールの一体化技術の研究開発を通して、60枚多結晶モジュール、単結晶モジュールと多結晶電池効率の世界記録を更新したし、途切れなく実験室技術を量産に応用してきた。今回発売した単結晶の効率的なPERCモジュールは再び量産化製品の世界記録を更新し、バッテリバックパシベーション、焼鈍低減衰やモジュール側の効率的な包装などの先進技術の応用を組合せて、成功裏に60枚もの単結晶モジュールの量産出力効率を300W以上に高めた。また、電池分割技術によって、60枚の単結晶モジュールの量産出力効率を305〜310Wまでにアップさせる可能性があり、業界における技術発展の方向を成功に導いているだけではなく、我が国の太陽光発電のコストを大幅に低減することもでき、安価で国家電力ネットに接続する時代の到来に寄与している。

 一方、ジンコソーラーは今回の技術センターの年度検討会でダブル経年劣化テストIEC二倍基準モジュールのEagle iPlusを出した。その量産出力効率は他の類似品より少なくとも5W高くなっている。当該多結晶モジュールはIEC標準の2倍に等しい品質保証標準に達し、また優れた抗動的機械荷重性能を有している。当社は、早ければ2017年第1四半期に製品を出すと見込んでいる。その際に、ジンコンソーラーのモジュール製品は発電能力及び野外での長期的な性能を両方とも顕著に高められ、極端な環境における太陽光発電の応用のためにベストなソリューションを提供することができる。

「ジンコソーラーの最も重要な核心戦略の一つとして、私たちはずっと「品質第一」の理念を実行し、デジタル化及びトレーサビリティ品質管理システムによって、すべての生産拠点で生産された製品の品質の一致性を確保できています。また、成功率、ワット正確性の絶えずに向上及び革新的な技術の大幅な突破することで、当社が生産している製品の販売は第3四半期に依然として穏便な成長を実現でき、22.1%の売上総利益率レベルに成功裏に達しています。技術の継続的な進歩及び体系的なコスト低減に伴い、太陽光発電業界はグローバルエネルギーの構造を再構築し始めているところであり、ジンコンソーラーは引続き自分の業務の開拓に取り組んで、核心技術の優位を強化し、これにより太陽光発電が安価で国家電力ネットに接続することに後押しをします。」と李仙徳氏がこう述べた。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国、地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2016年6月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで3.5GW、太陽電池で3.5GW、太陽光発電モジュールで6.5GWの年間総発電容量がある。ジンコソーラーはまた中国国内で電力を販売しており、2016年6月30日時点で、約1130MWの太陽光発電プロジェクトをグリッドに接続、稼働しております。

ジンコソーラーは中国江西省と浙江省、マレーシア、ポルトガル、南アフリカ、新疆に6つの生産施設、中国(2)、イギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、アラブ首長国連邦は、ヨルダン、サウジアラビア、クウェート、エジプト、モロッコ、ガーナ、ケニア、コスタリカ、コロンビア、ブラジルとメキシコに18の世界販売オフィス、ドイツ、イタリア、スイス、米国、カナダ、オーストラリア、シンガポール、日本(2)、インド、南アフリカ、チリ、ブラジル、トルコ、メキシコ、スペインに16の海外子会社を持ち、従業員計1万5000人以上を雇用しております。

詳しい情報はhttp://www.jinkosolar.com/を参照。

住所:103-0026東京都 中央区日本橋兜町13番2号 兜町偕成ビル本館9階
代表電話:03-6661-0899
FAX番号:03-6661-0129
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る